独立行政法人国民生活センター

検索メニュー

×閉じる

現在の位置:トップページ > 注目情報 > 見守り情報 > 見守り新鮮情報 一覧 > 点検のはずが…強引なシロアリ駆除サービスの勧誘

ここから本文
[2019年5月28日:公表]

点検のはずが…強引なシロアリ駆除サービスの勧誘

[第338号]

2019年5月28日、メールマガジンに掲載された情報です。
メールマガジンの登録は見守り新鮮情報お申し込みからできます。

リーフレット版[PDF形式](218KB)

内容

「お宅から羽アリが飛んできているとクレームが出ているので点検に来た」と業者が来訪してきた。しつこく何度もシロアリ駆除を勧められ、一人住まいで怖いので帰ってもらうために契約した。作業前に代金を支払うよう言われて現金で約50万円支払った。

(70歳代 女性)

ひとこと助言

  • シロアリの点検と言って来訪した事業者に、高額な駆除契約をさせられたという相談が寄せられています。
  • 無料で点検させてほしいと訪問してくる事業者には対応しないようにしましょう。
  • 契約を勧められてもその場ですぐに決めず、家族や近所の人など周囲の人にも相談しましょう。
  • 家族や周囲の人も、高齢者の家に不審な訪問者が来ていないか、家の中に見慣れない封筒や契約書がないかなど、日ごろから気を配りましょう。
  • クーリング・オフができる場合もありますので、少しでも不安を感じたら、お住まいの自治体の消費生活センター等へ早めにご相談ください(消費者ホットライン188)。

本情報は、都道府県等の消費者行政担当部署等からの情報をもとに編集・発行しています。


※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。PDF形式の閲覧方法について