[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 見守り情報 > 見守り新鮮情報 一覧 > 高齢者の生活動線を点検して転倒事故を防ぎましょう

[2017年10月31日:公表]

高齢者の生活動線を点検して転倒事故を防ぎましょう

[第293号]

2017年10月31日、メールマガジンに掲載された情報です。
メールマガジンの登録は見守り新鮮情報お申し込みからできます。

リーフレット版[PDF形式](228KB)

内容

事例1

トイレに行こうと歩いていて廊下の段差で転倒した。鼻を骨折していた上、くも膜下出血と診断され入院となった。(80歳代 男性)

事例2

パンを食べようとキッチンへ行ったところ、トースターのコードに引っかかって転倒。キッチンで額を打ち出血したため、病院に搬送された。(80歳代 男性)



ひとこと助言

  • 家庭内で転倒し骨折するなど、高齢者の日常生活における転倒事故が報告されています。

  • 高齢者は加齢等による身体機能の低下により、自宅のような慣れ親しんだ場所でも事故に遭うリスクがあります。高齢者の心身の変化に合わせて、家族などが家庭内の環境を再確認しましょう。

  • 段差や電源コード、暗い場所など転倒の原因となりそうなものを減らしたり、家電製品の配置に気をつけたりするなど、高齢者の生活動線を点検することが大切です。

  • 定期的に電話をかけたり訪問したりするなど、家族や周囲の人が高齢者とコミュニケーションを取り、様子を見守りましょう。




本情報は、消費者庁の公表情報をもとに編集・発行しています。

<詳細>
ご家族など身近な方で高齢者の事故を防止しましょう!−事故防止のために高齢者の身の回りを見直してみましょう−[PDF形式](消費者庁)

<参考>
「高齢者の家庭内事故防止見守りガイド」を作成!一人及び二人暮らしの高齢者の見守りについて調査しました(東京都)


※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。 PDF形式の閲覧方法について

見守り情報トップページへ

ページトップへ