[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 見守り情報 > 見守り新鮮情報 一覧 > 海外リゾート会員権「タイムシェア」契約は慎重に

[2017年6月27日:公表]

海外リゾート会員権「タイムシェア」契約は慎重に

[第284号]

2017年6月27日、メールマガジンに掲載された情報です。
メールマガジンの登録は見守り新鮮情報お申し込みからできます。

リーフレット版[PDF形式](284KB)

内容

空港で、ハワイ旅行が当たるという抽選をしたところ、「高級ホテルの『タイムシェア』の説明会に参加すると1万円の商品券がもらえる」と言われ、1カ月後に出向いた。「ハワイのホテルの1室についてタイムシェアの契約をすれば、隔年で1週間利用できる。今日契約すれば代金を割引し、10万円分のポイントも付ける」と3時間半も勧誘されたが、仕組みはよく理解できなかった。時間が欲しいと言ったが、執ように今日決めるように言われ、日本語や英語の契約書にサインしてしまった。(60歳代 男性)



ひとこと助言

  • 年に数回程度、海外のホテルなどのリゾート施設の1室を利用できる海外不動産所有権付きリゾート会員権「タイムシェア」に関して、高額な管理費がかかることが後で分かった、旅行シーズンには予約が取れないといった相談が寄せられています。

  • 旅行の高揚感やその場の雰囲気にのまれて契約してしまうケースもあります。執ような勧誘を受けてもセールストークをうのみにせず、支払総額や利用状況、解約条件や方法について、契約前によく確認しましょう。

  • 金券や食事券等の特典を提示されても安易に説明会に参加しないことも大切です。

  • 困ったときは、お住まいの自治体の消費生活センター等にご相談ください(消費者ホットライン188)。




本情報は、都道府県等の消費者行政担当部署等からの情報をもとに編集・発行しています。

<参考>
年に1回、憧れの海外リゾートライフ?海外不動産所有権付きリゾート会員権「タイムシェア」の契約は慎重に!


※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。 PDF形式の閲覧方法について

見守り情報トップページへ

ページトップへ