[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 見守り情報 > 見守り新鮮情報 一覧 > ご注意 熊本地震に便乗した不審な訪問や電話

[2016年5月10日:公表]

ご注意 熊本地震に便乗した不審な訪問や電話

[第252号]

2016年5月10日、メールマガジンに掲載された情報です。
メールマガジンの登録は見守り新鮮情報お申し込みからできます。

リーフレット版[PDF形式](240KB)

内容

数日前、友人宅に不審な2人組の訪問があり、被災者への寄付金を求められたようだ。信用できないと思い断ったら、すぐに帰ったという。あやしいので情報提供する。(60歳代 女性)



ひとこと助言

  • 平成28年熊本地震に関連して、義援金等を求める不審な訪問や電話に関する相談が寄せられています。

  • 義援金等は、募っている団体等の活動状況や使途をよく確認し、納得した上で寄付しましょう。

  • 不審な電話はすぐ切り、来訪の申し出があっても断ってください。また、金銭を要求されても、決して支払わないようにしてください。

  • 少しでも疑問や不安を感じたら、お住まいの自治体の消費生活センター等(消費者ホットライン188)や警察にご相談ください。




本情報は、国民生活センターの公表情報をもとに編集・発行しています。

詳細は、「平成28年熊本地震に便乗した不審な電話や訪問にご注意ください!

<参考>
自然災害に便乗した悪質商法にご注意ください


※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。 PDF形式の閲覧方法について

見守り情報トップページへ

ページトップへ