[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 見守り情報 > 見守り新鮮情報 一覧 > 脚立からの転落、高齢者は特に注意を!!

[2015年10月14日:公表]

脚立からの転落、高齢者は特に注意を!!

[第234号]

2015年10月14日、メールマガジンに掲載された情報です。
メールマガジンの登録は見守り新鮮情報お申し込みからできます。

リーフレット版[PDF形式](208KB)

内容

事例1

自宅の庭木のせん定のため、脚立にまたがって作業していたところ、転落し肋骨を折った。(80歳代 男性)

事例2

5段の脚立の3段目に乗ったまま、押し入れから取り出した荷物をテーブルに載せようとしたところ、バランスを崩して転落し足を骨折。1カ月入院した。(80歳代 女性)



ひとこと助言

  • 脚立から転落して大けがを負ったり後遺症が残ったりする事故が起きています。頭部を強打し、死亡に至ったケースもあります。特に高齢者は転倒によって骨折しやすく、それをきっかけに寝たきりになることもあるので注意しましょう。

  • 「天板をまたいで、あるいは天板の上に乗って作業をする」「荷物を持ったまま昇り降りする」などは危険ですのでやめましょう。

  • バランスを崩したり滑ったりしたケースが半数を占めています。段差や凸凹のない、平坦な場所で使用することも大切です。




本情報は、消費者庁の公表情報をもとに編集・発行しています。

詳細は、「脚立・はしごからの転落に注意!〜庭木の剪定、屋根修理で、死亡事故の危険も〜」[PDF形式](消費者庁)


※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。 PDF形式の閲覧方法について

見守り情報トップページへ

ページトップへ