[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 見守り情報 > 見守り新鮮情報 一覧 > 年末年始 餅での窒息事故に気をつけて

[2014年12月22日:公表]

年末年始 餅での窒息事故に気をつけて

[第209号]

2014年12月22日、メールマガジンに掲載された情報です。
メールマガジンの登録は見守り新鮮情報お申し込みからできます。

リーフレット版[PDF形式](240KB)

内容

事例1

雑煮を食べていたら、餅をのどに詰まらせ顔面が蒼白になった。意識を失って倒れたため、家族で病院へ搬送した。(60歳代 男性)

事例2

夫が台所で餅を食べていた際、のどに詰まらせ窒息した。居間まで自力で出てきたが、心肺停止したため救急要請した。病院で処置をしてもらったが死亡した。(70歳代 男性)



ひとこと助言

  • 高齢者の餅による窒息事故が多く起きています。高齢になると、そしゃく力や飲み込む力が低下し、食べたものがスムーズに飲み込みにくくなるため、一層の注意が必要です。

  • 餅を食べる際は、小さく切って、食べやすい大きさにしましょう。

  • 急いで飲み込まずに、ゆっくりとよくかんで、だ液とよく混ぜ合わせて食べることが大切です。

  • 家族や周囲の方も、食事の様子から目を離さないようにしましょう。




本情報は、医療機関ネットワーク事業へ寄せられた参画医療機関からの事故情報をもとに編集・発行しています。

<参考>
「高齢者の餅による窒息事故に気を付けて!−年末年始は餅による窒息事故が増えます。注意して餅を食べましょう−」[PDF形式](消費者庁)


※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。 PDF形式の閲覧方法について

見守り情報トップページへ

ページトップへ