[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 見守り情報 > 見守り新鮮情報 一覧 > 古い灯油を使ったら石油ストーブが故障?

[2014年11月28日:公表]

古い灯油を使ったら石油ストーブが故障?

[第206号]

2014年11月28日、メールマガジンに掲載された情報です。
メールマガジンの登録は見守り新鮮情報お申し込みからできます。

リーフレット版[PDF形式](227KB)

内容

石油ストーブを購入して2日後、消火しようとした際に、操作つまみが上がらず、緊急消火ボタンも作動しなかったために、新品と交換してもらった。3カ月後にも同じように消火できなくなり、販売店を呼び消火してもらった。販売店からは昨シーズンの灯油を使ったことが原因ではないかと言われた。(70歳代 女性)



ひとこと助言

  • 灯油は、保管方法を誤ると日光や熱による変質、水や異種の油などの混入により「不良灯油」になることがあります。

  • 不良灯油を石油暖房機器に使用すると、少量でも異常燃焼や機器の故障につながり危険です。

  • 保管するときは、灯油専用容器に入れ、日光や雨の当たらない場所に置きましょう。

  • シーズン中に使い切れなかった場合や、長期保管し変質の可能性がある灯油は決して使用せず、購入した石油販売店に相談するなどして安全に廃棄しましょう。




本情報は、国民生活センターの公表情報をもとに編集・発行しています。

詳細は、「不良灯油による石油暖房機器の故障や異常に注意


※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。 PDF形式の閲覧方法について

見守り情報トップページへ

ページトップへ