[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 見守り情報 > 見守り新鮮情報 一覧 > 介護ベッド用手すりによる死亡事故が多数発生!

[2014年10月29日:公表]

介護ベッド用手すりによる死亡事故が多数発生!

[第203号]

2014年10月29日、メールマガジンに掲載された情報です。
メールマガジンの登録は見守り新鮮情報お申し込みからできます。

リーフレット版[PDF形式](228KB)

内容

これまでも消費者庁には介護ベッド用手すりによる事故が多数報告されてきましたが、2014年7月にも、80歳代の高齢者が手すりの隙間に頭が入り込み死亡する事故が起きました。介護ベッド用手すりによる事故は、2007年5月以降の7年間で67件に達し、半分以上が死亡事故です(35件)。介護ベッド用手すりによる新たな事故を起こさないよう、すぐに確実な対応策をとってください。



ひとこと助言

  • 介護ベッド用手すりの隙間に首などを挟み死に至る事故や、腕や足などを差し込んで骨折するなどの重傷事故が起きています。

  • 2009年に、安全性の向上のためにJIS規格が改正されました。介護ベッド用手すりを使用する際は、新JIS規格の製品を使用してください。新JIS規格の製品かどうか不明な場合は、レンタル契約先事業者または販売業者に問い合わせましょう。

  • 新JIS規格ではない手すりを使用している場合は、メーカーが配布する対応品を使用したり、クッションや毛布で隙間を塞いだりするなど必ず対策を講じましょう。




本情報は、消費者庁の公表情報をもとに編集・発行しています。

詳細は、「消費生活用製品の重大製品事故に係る公表について」[PDF形式](消費者庁)


※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。 PDF形式の閲覧方法について

見守り情報トップページへ

ページトップへ