[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 見守り情報 > 子どもサポート情報 一覧 > 遊具で大けが! 注意して遊びましょう

[2016年3月23日:公表]

遊具で大けが! 注意して遊びましょう

[第98号]

2016年3月23日、メールマガジンに掲載された情報です。
メールマガジンの登録は子どもサポート情報お申し込みからできます。

リーフレット版[PDF形式](186KB)

内容

事例1

滑り台の柵を乗り越えて遊んでいたところ、高さ3メートルから墜落して救急搬送された。胸部と背部を骨折していた。

(当事者:7歳 男児)

事例2

高さ2メートルの雲ていから手を滑らせて左ひじから転落し、はく離骨折した。前日から雨が降っていて、雲ていは濡れていた。

(当事者:6歳 女児)



ひとことアドバイス

  • 体を動かして遊ぶことは子どもの心身の発育に重要であり、遊具での遊びもその大切な一部ですが、一方で遊具を使用中に高いところから転落して骨折するなど、重とくな事故が起こっています。子どもが遊具を使っているときは、大人は目を離さないことが大切です。

  • 滑り台を反対側から登る、柵を乗り越えるなど、本来の遊び方と違う使い方をさせない、遊具の対象年齢を守るなど、正しい使い方を子どもに教えましょう。

  • 屋外の遊具では、夏には表面の温度が非常に高くなったり、雨に濡れた場合は滑りやすくなったりするものもあります。天候にも注意しましょう。

  • 遊具の不具合や破損を見つけたら、使用しないで管理者に連絡しましょう。




本情報は、消費者庁の公表情報をもとに編集・発行しています。

詳細は、「遊具による子供の事故に御注意!」[PDF形式](消費者庁)


※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。 PDF形式の閲覧方法について

見守り情報トップページへ

ページトップへ