[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 見守り情報 > 子どもサポート情報 一覧 > おもちゃの銃で失明のおそれ

[2016年1月19日:公表]

おもちゃの銃で失明のおそれ

[第96号]

2016年1月19日、メールマガジンに掲載された情報です。
メールマガジンの登録は子どもサポート情報お申し込みからできます。

リーフレット版[PDF形式](188KB)

内容

事例

友人と庭でおもちゃの銃で遊んでいた際、6ミリ径のプラスチック弾が左目を直撃した。眼科を受診したところ、重度の損傷が見られ治療を受けた。幸い2週間ほどで治癒したが、最悪の場合、失明したり、後遺症が残る可能性もあったと言われた。

(当事者:中学生 男性)



ひとことアドバイス

  • おもちゃの銃であっても、人に弾丸が当たると、失明などの大きなけがにつながります。

  • 子どもに遊ばせる前に、取扱説明書や注意書きを大人がよく読み理解した上で、決して人や動物に向けて撃たせないよう、遊び方や注意点などを教えるようにしましょう。

  • 不用意な発射を防ぐための安全装置があっても、万全ではありません。弾丸を装填したまま放置しないでください。

  • 大人がおもちゃの銃の威力や弾の重さを確認した上で、子どもに使わせるようにしましょう。




本情報は、国民生活センター「医師からの事故情報受付窓口」に寄せられた情報をもとに編集・発行しています。

<参考>
「テストレポート 子供向けエアガンの安全性 そのエアガン、子供向けのおもちゃでも油断はしないで!」(東京都)


※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。 PDF形式の閲覧方法について

見守り情報トップページへ

ページトップへ