[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 見守り情報 > 子どもサポート情報 一覧 > 水を吸うと膨らむ! 高吸水性樹脂製品の誤飲に注意

[2015年11月17日:公表]

水を吸うと膨らむ! 高吸水性樹脂製品の誤飲に注意

[第94号]

2015年11月17日、メールマガジンに掲載された情報です。
メールマガジンの登録は子どもサポート情報お申し込みからできます。

リーフレット版[PDF形式](194KB)

内容

事例

嘔吐が数日間続き、入院し、手術をしたところ、直径約4センチのゼリー状の異物による十二指腸の閉塞だったことが分かった。異物は、もとの大きさが直径約1.5センチのディスプレイ用製品で、水を吸って膨らんだものだった。約3週間入院した。

(2歳 女児)



ひとことアドバイス

  • ボール状の、水を吸うと膨らむ樹脂製品(高吸水性樹脂製品)を誤飲したという事故情報が寄せられています。

  • 高吸水性樹脂製品を誤って飲み込んで放置されると、体内で膨らみ、腸閉塞を引き起こすなど重症となる危険性があります。

  • インテリア・ディスプレイ用品、芳香剤・消臭剤や虫よけ商品などに使われています。子どもの目や手の届かない場所に保管し、絶対に誤飲しない環境を作りましょう。

  • 誤飲した、もしくは誤飲の疑いがある場合は、速やかに医療機関を受診し、誤飲したものが高吸水性樹脂製品であることを伝えましょう。




本情報は、国民生活センターの公表情報をもとに編集・発行しています。

詳細は、「幼児が水で膨らむボール状の樹脂製品を誤飲−十二指腸閉塞、開腹手術により摘出−


※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。 PDF形式の閲覧方法について

見守り情報トップページへ

ページトップへ