[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 見守り情報 > 子どもサポート情報 一覧 > 消費生活相談は「188」へ!

[2015年8月28日:更新]
[2015年8月4日:公表]

消費生活相談は「188」へ!

[第91号]

2015年8月4日、メールマガジンに掲載された情報です。
メールマガジンの登録は子どもサポート情報お申し込みからできます。

リーフレット版[PDF形式](190KB)

内容

悪質商法等による被害、不適切な表示に関するトラブル、製品やサービスなどによる事故などについて相談したいときは「消費者ホットライン=局番なしの『188』」をご利用ください。

「188」へ電話をすると、音声ガイダンスが流れ、郵便番号を入力するなどを行えば、お住まいの地域の消費生活センター等をご案内します。

  • ※ホットラインが利用できない方には、各自治体の相談窓口では来所相談等も行っている場合があります。
    詳しくはお住まいの市区町村におたずねください。


ひとことアドバイス

  • 「消費者ホットライン」は、全国共通の電話番号から消費生活センター等の消費生活に関する身近な相談窓口を案内します。開始当初の電話番号「0570-064-370」もお使いいただけます。(ガイダンス終了後、相談窓口につながった時点から通話料金がかかります。)

  • お住まいの市区町村の相談窓口が開所していない場合等には、開所している都道府県の相談窓口や国民生活センター等を案内します。

  • 自分が相談している窓口の名称と電話番号を必ず確認しましょう。後から連絡する場合に役立ちます。

  • 消費生活でのトラブルでどこに相談してよいか分からない場合には、一人で悩まずに「消費者ホットライン」を利用しましょう。




本情報は、消費者庁の公表情報をもとに編集・発行しています。

詳細は、「消費者庁ホットライン」(消費者庁)


【子どもサポート情報リーフレット版の追記について】
消費者ホットラインが利用できない方に対しての各自治体の来所相談等について追記しました。

※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。 PDF形式の閲覧方法について

見守り情報トップページへ

ページトップへ