[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 見守り情報 > 子どもサポート情報 一覧 > 死亡事故も!キックスケーター走行中の事故に注意

[2015年2月24日:公表]

死亡事故も!キックスケーター走行中の事故に注意

[第85号]

2015年2月24日、メールマガジンに掲載された情報です。
メールマガジンの登録は子どもサポート情報お申し込みからできます。

リーフレット版[PDF形式](202KB)

内容

事例

キックスケーターで急な坂道を下っていた。下り終わったところで側溝に引っ掛かり、前方に転倒して頭を負傷した。急性硬膜外血腫で入院し治療を受けたが、1カ月後に死亡した。ヘルメットは着用していなかった。

(小学4年生 女児)



ひとことアドバイス

  • キックスケーター走行中に死亡事故も起きています。取扱説明書を確認し、子どもに正しい乗り方を練習させましょう。

  • 特に頭を打つと命に関わる大けがを負うこともあります。ヘルメットは必ず着用させましょう。頭を打った場合は、症状によってはすぐに救急車を呼ぶことが大切です。直後には症状が出なくても、時間がたってから急変することもあるので、念のため医療機関を受診しましょう。

  • 道路での走行は大変に危険です。傾斜や凹凸がないかなど、周囲や路面の状況を確認し、安全な場所で使用させましょう。




本情報は、消費者庁の公表情報をもとに編集・発行しています。

詳細は、「キックスケーター走行中の子どもの事故に注意!−頭を強く打つと命に関わる大けがを負うことも−」[PDF形式](消費者庁)


※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。 PDF形式の閲覧方法について

見守り情報トップページへ

ページトップへ