[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 見守り情報 > 子どもサポート情報 一覧 > ボタン電池の誤飲に注意

[2014年11月21日:公表]

ボタン電池の誤飲に注意

[第81号]

2014年11月21日、メールマガジンに掲載された情報です。
メールマガジンの登録は子どもサポート情報お申し込みからできます。

リーフレット版[PDF形式](181KB)

内容

事例1

息子がタイマーのふたを取って遊んでいるのを母親が発見したが、その中にあるはずのボタン電池が見当たらなかった。腹部レントゲンで胃にボタン電池があることを確認したため、マグネットカテーテルで摘出してもらった。

(1歳 男児)

事例2

娘が口を動かしているのを上の子が見つけ、口の中をのぞくと懐中電灯のボタン電池が1個あった。3個あるはずのボタン電池の残り2個はどこにも見当たらず、医者に行って胃の中にあるのが分かった。すぐに胃洗浄して取り出してもらい、1日入院した。

(1歳 女児)



ひとことアドバイス

  • ボタン電池を誤飲すると、放電で起こる化学やけどにより「消化管に穴が開く」「潰瘍(かいよう)ができる」などの重大な事故につながる場合があります。

  • ボタン電池は、リモコン、キッチンタイマー、体温計など家庭内にある様々な商品に使用されています。

  • ボタン電池を使用した商品の中には、工具等を使用しなくても電池が取り出せたり、床への落下で電池が飛び出たりするものもあります。誤飲の恐れがありますので、絶対に乳幼児の手の届かないところへ保管してください。

  • ボタン電池を誤飲した場合は、すぐに医師の診断を受けましょう。




本情報は、国民生活センターの公表情報をもとに編集・発行しています。

詳細は、「ボタン電池を使用した商品に注意−乳幼児の誤飲により、化学やけどのおそれも−


※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。 PDF形式の閲覧方法について

見守り情報トップページへ

ページトップへ