[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 見守り情報 > 子どもサポート情報 一覧 > ペダルなし二輪遊具 坂道では使用しないで

[2014年9月3日:公表]

ペダルなし二輪遊具 坂道では使用しないで

[第79号]

2014年9月3日、メールマガジンに掲載された情報です。
メールマガジンの登録は子どもサポート情報お申し込みからできます。

リーフレット版[PDF形式](191KB)

内容

事例1

ペダルなし二輪遊具で坂道を下っていたところ、転倒し顔面を打撲した。

(2歳 男児)

事例2

坂道でペダルなし二輪遊具に乗っていて、止まれなくて壁に激突した。鼻と唇が腫れ、擦り傷もある。

(4歳 男児)

事例3

ペダルなし二輪遊具に乗っていて、下り坂で転倒。いつもよりスピードが出てしまい、前方にスライディングするように落ちた。額に深い傷を負い、左頬が腫れた。

(3歳 女児)



ひとことアドバイス

  • 「ペダルなし二輪遊具」は、自転車に乗る前にバランス感覚を養う幼児用遊具です。地面を蹴って走行し、足を使って減速するためブレーキがついていないものが主流です。

  • 特に坂道では短い距離でも思わぬスピードが出て重大な事故になることがあります。絶対に使用してはいけません。

  • 使用する際は、必ず大人が立ち会い、子どもから目を離さないようにしましょう。

  • 取扱い説明書をよく読み、「へルメットを着用する」「坂道や公道など禁止されている場所では乗らない」等の注意事項を厳守することが大切です。




本情報は、国民生活センターの公表情報をもとに編集・発行しています。

詳細は、「ペダルなし二輪遊具による坂道の事故に注意−衝突や転倒により幼児がけがを負う事故が発生−


※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。 PDF形式の閲覧方法について

見守り情報トップページへ

ページトップへ