[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 見守り情報 > 子どもサポート情報 一覧 > 学力診断テストは無料でも…高額な学習教材の契約に注意!

[2014年3月14日:公表]

学力診断テストは無料でも…高額な学習教材の契約に注意!

[第73号]

2014年3月14日、メールマガジンに掲載された情報です。
メールマガジンの登録は子どもサポート情報お申し込みからできます。

リーフレット版[PDF形式](215KB)

内容

事例

「子どもの学力診断テストをしないか」と電話があり、無料ということだったので気軽に業者に自宅に来てもらった。テストの結果、非常に学力が低いと指摘され不安になったところに、学習教材の購入を勧められた。3学年分の教材セットで50万円と高額だったが、子どもが気に入ったうえ、「専用ダイヤルで指導がある。家庭教師を頼むより安い」と言われその気になり、その場で契約し、後日一括で支払った。しかし、電話をしても教材の使い方の指導だけで学習指導は受けられず、教材もミスプリントばかりで不信感を抱いた。教材はほとんど使用していない。解約したい。

(中学生<男性>の母親からの相談)



ひとことアドバイス

  • 無料や数千円の学力診断テストの後に高額な学習教材の契約を勧められる相談が依然として寄せられています。

  • 事例の他にも、夜遅くまで長時間勧誘されたり、「テストに出るところが分かる」などと説明されたりするケースもあります。

  • 学習教材や学習指導の質等は、実際に利用してみないと分からず、契約の際に説明の真偽を確認するのは難しいものです。その場ですぐ契約せず、冷静に検討しましょう。

  • 契約をする場合は、一度に多量、多額の学習教材は購入せず、最小単位で、せめて学年ごと、必要な科目だけ、契約するようにしましょう。また、契約書をよく読み、解約等の条件についてもよく確認することも大切です。

  • 困ったときは、お住まいの自治体の消費生活センター等にご相談ください。




本情報は、都道府県等の消費者行政担当部署等からの情報をもとに編集・発行しています。


※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。 PDF形式の閲覧方法について

見守り情報トップページへ

ページトップへ