[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 見守り情報 > 子どもサポート情報 一覧 > サイトは日本語だけど!?海外通販のトラブル

[2013年5月20日:公表]

サイトは日本語だけど!?海外通販のトラブル

[第63号]

2013年5月20日、メールマガジンに掲載された情報です。
メールマガジンの登録は子どもサポート情報お申し込みからできます。

リーフレット版[PDF形式](190KB)

内容

事例

中学生の息子が、あるメーカーのサッカーシューズをインターネット通販で注文した。サイトは日本語なのに振込口座が外国人名義だったので、不審に思ったが、どこも売り切れでやっと探し当てたということもあり、代金を振り込んだ。その後、国際郵便で届いた荷物を開けてみると、注文したシューズとラインの色が違う上、つくりも粗雑で本物か疑わしい。「注文した商品と違う。交換希望」と再三メールを送っているが、何の連絡もない。

(当事者:中学生 男性)



ひとことアドバイス

  • 海外の通販サイトで商品を注文したところ「届いた商品が模倣品のようだ」「代金を支払ったのに商品が届かない」といった相談が寄せられています。

  • このようなサイトは日本語で書かれているため、海外事業者の運営サイトであってもそれと気づかずに利用してしまうケースがあります。サイト内の日本語が不自然であるときなどには注意が必要です。

  • 事業者の所在地や連絡先などの情報を事前にしっかり確認しましょう。メールアドレスしか記載されていないようなサイトでの取引は危険です。

  • 極端に値引きされている場合は模倣品の可能性があります。模倣品の輸入は消費者が法律違反に問われる恐れもあるので注意しましょう。

  • 困ったときは、お住まいの自治体の消費生活センターや消費者庁越境消費者センター等にご相談ください。




本情報は、都道府県等の消費者行政担当部署等からの情報をもとに編集・発行しています。

<参考>
「海外サイト・海外旅行のショッピングでトラブルに遭わないために」(消費者庁越境消費者センター)
「模倣品の販売が確認された海外ウェブサイト及び販売が強く疑われる海外ウェブサイト(平成25年4月12日更新)」[PDF形式](消費者庁)
「その商品、模倣品かも…!??〜模倣品を販売するウェブサイトを見抜く4つのチェックポイント〜」[PDF形式](消費者庁)


※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。 PDF形式の閲覧方法について

見守り情報トップページへ

ページトップへ