独立行政法人国民生活センター

検索メニュー

×閉じる

現在の位置:トップページ > 注目情報 > 見守り情報 > 子どもサポート情報 一覧 > ストーブやヒーターでのやけどに注意!

ここから本文
[2020年12月22日:公表]

ストーブやヒーターでのやけどに注意!

2020年12月22日、メールマガジンに掲載された情報です。
メールマガジンの登録は子どもサポート情報お申し込みからできます。

[第165号]

リーフレット版[PDF形式](134KB)

内容

事例1

自宅で遊んでいる際に石油ストーブを触ってしまい、両方の手のひらをやけどした。

(当事者:1歳8カ月 女児)

事例2

ヒーターに右手を突っ込んでしまい、手をやけどした。

(当事者:1歳0カ月 女児)

ひとことアドバイス

  • 子どもは好奇心が旺盛なため、熱いかどうかよく分からないまま、ストーブやヒーターの表面を触ったり、温風の吹き出し口に手を入れたりしてしまうことがあります。普段から安全柵で囲むなど、子どもが触れられないような環境づくりをしましょう。
  • 子どもは大人より皮膚が薄いため、短時間で深いやけどになりやすく、注意が必要です。やけどを負った場合は、すぐに流水で冷却しましょう。水ぶくれがあれば潰さないようにして医療機関を受診しましょう。

参考


本情報は、医療機関ネットワーク事業に参画している医療機関からの情報をもとに編集・発行しています。


※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。PDF形式の閲覧方法について