独立行政法人国民生活センター

検索メニュー

×閉じる

現在の位置:トップページ > 注目情報 > 見守り情報 > 子どもサポート情報 一覧 > ベビーカーの転倒事故! シートベルトは必ず締めましょう

ここから本文
[2020年5月27日:公表]

ベビーカーの転倒事故! シートベルトは必ず締めましょう

2020年5月27日、メールマガジンに掲載された情報です。
メールマガジンの登録は子どもサポート情報お申し込みからできます。

[第156号]

リーフレット版[PDF形式](155KB)

内容

事例1

駐車場のスロープを降りていたところ、ベビーカーが、掛けていた荷物に引っ張られるように手前に倒れた。子どもはシートベルトを装着しておらず、地面に転落した。外傷性くも膜下出血により7日間入院した。

(当事者:1カ月 男児)

事例2

片手でベビーカーを押していた。ベビーカーから手を離した瞬間、掛けていた荷物の重みでベビーカーが手前に転倒した。子どもはアスファルトに放り出され、頭と顔を打撲した。シートベルトは装着していなかった。

(当事者:3カ月 女児)

ひとことアドバイス

  • ベビーカーが転倒した際にシートベルトをしていないと、子どもがベビーカーから投げ出され大けがをするおそれがあります。ベビーカーに子どもを乗せたら、その都度、必ずシートベルトを装着させましょう。
  • ベビーカーは、ハンドルに荷物を掛けるとバランスを崩し、転倒しやすくなることを認識しましょう。

詳細


本情報は、国民生活センターの公表資料をもとに編集・発行しています。


※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。PDF形式の閲覧方法について