[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 見守り情報 > 子どもサポート情報 一覧 > 子どもが下敷きに 家具やテレビの転倒に注意

[2018年7月11日:公表]

子どもが下敷きに 家具やテレビの転倒に注意

[第132号]

2018年7月11日、メールマガジンに掲載された情報です。
メールマガジンの登録は子どもサポート情報お申し込みからできます。

リーフレット版[PDF形式](142KB)

内容

事例1

木製のタンスの引き出しを出して、片足を掛けて遊んでいたら、突然、タンスとその上に置いていたテレビが倒れてきて、テレビと床に頭が挟まれる状態となった。

(当事者:1歳)

事例2

テレビ台に登って遊んでいたところ、37インチのテレビごと転倒し、腹部にテレビが刺さるような形で床に転落した。9日間の入院になった。

(当事者:2歳)



ひとことアドバイス

  • タンス、棚などの家具やテレビが転倒し、子どもが下敷きになると、場合によっては死に至ることもあります。事故は6歳以下の子どもに多く発生しています。

  • 家具やテレビは転倒防止グッズ等を利用し、固定して使用しましょう。

  • 家具の引き出しや扉には鍵やストッパー等を付け、子どもが容易に開けられないようにしましょう。

  • 家具の上にはおもちゃやリモコン等、子どもの興味を引くものを置かないことも大切です。




本情報は、消費者庁の公表情報をもとに編集・発行しています。

<詳細>
家具やテレビの転倒に気を付けましょう!−下敷きになった子どもが死亡する事故も−[PDF形式](消費者庁)


※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。 PDF形式の閲覧方法について

見守り情報トップページへ

ページトップへ