[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 見守り情報 > 子どもサポート情報 一覧 > 骨折も! 屋内遊戯施設での事故に注意しましょう

[2017年8月2日:公表]

骨折も! 屋内遊戯施設での事故に注意しましょう

[第119号]

2017年8月2日、メールマガジンに掲載された情報です。
メールマガジンの登録は子どもサポート情報お申し込みからできます。

リーフレット版[PDF形式](160KB)

内容

事例

屋内遊戯施設で、子どもが大きなエア遊具の中にある空気入りの馬の乗り物にまたがっていたところ、1メートルほど下に落ちて左腕を骨折した。

(当事者:4歳 男児)



ひとことアドバイス

  • 屋内遊戯施設は天候や気温に左右されず遊ぶことができ、人気を集める一方、施設内で骨折等のけがをしたという報告も寄せられています。

  • 遊具を利用する際は、事前に対象年齢や安全性に関する表示を十分に確認しましょう。

  • 子どもは想定外の動きをすることがあります。保護者は必ず付き添い、目を離さないようにしましょう。

  • けがをしたり、危険を感じたりした場合は、直ちに施設の管理者に知らせるようにしましょう。




本情報は、都道府県等の消費者行政担当部署等からの情報をもとに編集・発行しています。

<参考>
商業施設内の屋内遊戯施設における子どもの事故


※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。 PDF形式の閲覧方法について

見守り情報トップページへ

ページトップへ