[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 見守り情報 > 子どもサポート情報 一覧 > エスカレーターでの転倒に気をつけて

[2017年2月14日:公表]

エスカレーターでの転倒に気をつけて

[第111号]

2017年2月14日、メールマガジンに掲載された情報です。
メールマガジンの登録は子どもサポート情報お申し込みからできます。

リーフレット版[PDF形式](181KB)

内容

事例1

下りのエスカレーターから降りるとき、右足の長靴がエスカレーターに巻き込まれ、前のめりに倒れた。そのときは歩けるようで心配ないと帰宅したが、後日整形外科を受診したところ、骨折と診断された。

(当事者:4歳 男児)

事例2

ベビーカーに子どもを乗せてエスカレーターを降りる際に、ベビーカーがひっくり返り、転倒した。子どもが額に軽いけがをした。

(当事者:0歳 男児)



ひとことアドバイス

  • エスカレーター乗降中、子どもが転倒する事故が報告されています。

  • 子どもと利用する際は、保護者が手をつないで乗りましょう。靴やサンダルなどがエスカレーターに挟まれないよう、ステップの黄色い線の内側に立ちましょう。

  • エスカレーターへのベビーカーの乗り入れは避けましょう。バランスを崩して転倒するおそれがあります。

  • エスカレーター上の歩行は、バランスを崩して転倒するだけではなく、すり抜けざまに他の利用者と接触した場合、事故になるおそれがあります。子どもなど様々な人へ配慮しましょう。




本情報は、消費者庁の公表情報をもとに編集・発行しています。

詳細は、「エスカレーターでの事故に御注意ください![PDF形式](消費者庁)


※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。 PDF形式の閲覧方法について

見守り情報トップページへ

ページトップへ