[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 見守り情報 > 子どもサポート情報 一覧 > 花火によるやけどに注意

[2016年7月13日:公表]

花火によるやけどに注意

[第103号]

2016年7月13日、メールマガジンに掲載された情報です。
メールマガジンの登録は子どもサポート情報お申し込みからできます。

リーフレット版[PDF形式](182KB)

内容

事例1

自宅の庭で花火をしていたところ、花火を持っていない左手で、火がついているところを触ってしまった。火と接触した左手や左耳などにやけどをした。

(当事者:2歳 男児)

事例2

花火が履いていたサンダルの隙間に落ちて、足をやけどした。

(当事者:3歳 女児)



ひとことアドバイス

  • 花火は楽しい反面、火薬や火を使うため、やけどなどの事故が起きることがあります。注意して遊ぶようにしましょう。

  • 子どもは大人が予想もしない動きをすることから、花火をする際は保護者など大人が必ず付き添い、子どもの行動をよく観察し危険な行為はやめさせましょう。

  • 火が移りやすい素材の服や、サンダルなどの露出が多い靴を避けるなど、服装にも注意が必要です。

  • 本体やパッケージなどに記載されている注意事項を必ず守りましょう。




本情報は、医療機関ネットワーク事業への参画医療機関からの事故情報をもとに編集・発行しています。

<参考>
夏の事故やトラブルにご注意ください[PDF形式](消費者庁)
気をつけて!! 花火の事故 −やけどばかりでなく失明のケースも−


※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。 PDF形式の閲覧方法について

見守り情報トップページへ

ページトップへ