[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 国民生活センターについて > 国民生活センターの紹介 > 国民生活センターにおける持続可能な開発目標(SDGs)への取り組み

国民生活センターにおける持続可能な開発目標(SDGs)への取り組み

持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)

持続可能な開発目標(SDGs)は、2015年9月に国連の「持続可能な開発サミット」で採択された、2030年までの国際目標です。SDGsは、17のゴール(目標)と169のターゲットからなっており、「誰一人取り残さない」社会の実現に向けて、途上国のみならず先進国も実施に取り組むものとされています。



独立行政法人国民生活センターの取り組み

独立行政法人国民生活センターは、公正・健全な社会と安全・安心な消費生活の実現のための業務を通じて、持続可能な開発目標(SDGs)に貢献しています。



関連リンク



※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。PDF形式の閲覧方法について


国民生活センターの紹介トップページへ

ページトップへ