独立行政法人国民生活センター

検索メニュー

×閉じる

現在の位置:トップページ > ライブラリ > 国民生活 > 2022年3月号【No.115】(2022年3月15日発行)

ここから本文
[2022年3月15日:公表]

2022年3月号【No.115】(2022年3月15日発行)

2022年3月号【No.115】(2022年3月15日発行)<全体版>

「ウェブ版国民生活」3月号の表紙

国民生活3月号 全体版PDF(8.2MB)

  • 「全体版PDF」のボタンをクリックすると直接PDFファイルが開きます。
  • ファイルサイズは8.2MBです。ダウンロードには12秒〜1分程度かかります。
  • 利用しているインターネット環境により、さらに時間がかかる場合があります。
  • アクセスが集中した場合、エラー画面が表示されることがあります。時間をおいてから、再度お試しください。

2022年3月号【No.115】(2022年3月15日発行)<分割版>

特集 最近の賃貸住宅の契約−オンラインを使った取り組みも−

新型コロナウイルス感染症の流行によってテレワーク等が拡大し、通勤等に便利な場所等を必ずしも優先する必要がなくなり、住宅を選ぶ際の選択肢が広がっています。賃貸住宅契約でも重要事項説明のオンライン運用が始まっており、内見や契約等のオンライン化に対応する事業者も増加しつつあります。そこで、今後も増加がみこまれるオンラインによる賃貸住宅の契約についてあらかじめ気をつけておくべきポイントや、近年、連帯保証人の代わりとして利用されている家賃債務保証業者の現状についても紹介します。

消費者問題アラカルト

中古住宅を買うとき売るとき

森林が支えてくれる私たちの生活−SDGsと森林−

経済を知るためのさまざまな統計データ

海外ニュース

  • 海外ニュース(2022年3月号)[PDF形式](525KB)
    • [フランス]使用済みモミの木は捨てないで
    • [ドイツ、オーストリア]体温測定は脇の下ではなく直腸で
    • [イギリス]BNPL業者に消費者保護の強化を要求
    • [アメリカ]危険なホームエレベーターのリコール
    【執筆者】岸 葉子、安藤 佳子

発見!消費者トラブル啓発キャラクター

消費者教育実践事例集

気になるこの用語

相談情報ピックアップ

暮らしの法律Q&A

暮らしの判例

誌上法学講座

啓発用リーフレット

注意事項

 ご使用の際は、次の注意事項をよく読んでお使いください。

 ウェブ版「国民生活」に掲載されている個々の情報(文字、写真、イラスト等)は著作権の対象となっています。また、ウェブ版「国民生活」トップページおよび各誌面も、編集著作物として著作権の対象となっており、ともに日本国著作権法及び国際条約により保護されています。これらの掲載物につき、許可なく変更、改変することを禁じます。

 ウェブ版「国民生活」の内容の全部または一部について、国民生活センターの許可なく複製等することは禁止しています。ただし、同法で認められている私的使用のための複製、引用等を禁止するものではありません。

※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。PDF形式の閲覧方法について