独立行政法人国民生活センター

検索メニュー

×閉じる

現在の位置:トップページ > 研修・相談員資格/研修施設 > 研修・講座 > 全国消費者フォーラム 実績と特色

ここから本文
[2022年3月30日:更新]

全国消費者フォーラム 実績と特色

 本フォーラムは、消費者市民社会構築のため、また、消費者の安全・安心を地域社会全体で将来にわたって確保することを目標とし、消費者、消費者団体、NPO、事業者(団体含む)、教育関係者、行政、福祉関係者、学生などが地域においてそれぞれの立場で活動、学習、調査・研究等を行った成果を報告・討論する場です。

 令和3年度は、2022年2月22日(火曜)、独立行政法人国民生活センター主催で開催しました。初の試みとしてオンラインで実施し、消費者問題に関心のある700名を超える方々にご参加いただきました。

開催概要

 メインテーマを「多様な課題に挑む消費者の力 −様々な主体の協働下の取組み−」とし、3つの分科会に分かれて、活動の報告・調査研究の発表、アドバイザーからの講評などが行われました。各分科会後の全体会では、全体会進行者の進行の下、各分科会のアドバイザーから各分科会でのまとめの報告と、メインテーマを巡る討論が行われました。

メインテーマ

  • 「多様な課題に挑む消費者の力 −様々な主体の協働下の取組み−」

分科会テーマ

第1分科会

持続可能な社会の実現に向けた取組み
−将来の世代のために、できること、すべきこと−

第2分科会

「見守り」の視点を持った消費者被害防止のための取組み
−コロナ禍における孤独・孤立に、協働の力で挑む−

第3分科会

学校や地域における消費者教育の取組み
−成年年齢の引下げを間近に控えて−

実施要領

全体会の様子

オンラインで全体会の進行・討論を行うアドバイザーの先生方の様子
写真.全体会で討論を行う全体会進行、アドバイザーの先生方