独立行政法人国民生活センター

検索メニュー

×閉じる

現在の位置: トップページ > 相談事例 > 身近な消費者トラブルQ&A > 引っ越し当日に業者が訪れ管理会社と関連があるかのような説明を受け換気扇フィルターの契約をしたがウソだった

ここから本文
[2022年3月7日:公表]

引っ越し当日に業者が訪れ管理会社と関連があるかのような説明を受け換気扇フィルターの契約をしたがウソだった

質問

 新築の賃貸アパートに引っ越した当日に業者が訪れ、換気扇フィルターの勧誘を受けました。管理会社と関連があるような口ぶりで「居住者はみんな契約している」などと説明され、全室が購入しているなら仕方ないと思い契約しました。その後、不審に思い管理会社に確認したところ無関係であることがわかりました。不要なのでクーリング・オフしたいのですができますか。

回答

 特定商取引法(以下、特商法)の訪問販売にあたると考えられるため、特商法に定める書面を受け取った日から数えて8日以内であればクーリング・オフ(無条件での契約解除)をすることができます。

 なお、訪問販売の申込書や契約書などの書面を渡されていなかったり、「商品名」や「金額」の記載がないなど、渡された書面の記載に不備がある場合は8日間を過ぎてしまっていてもクーリング・オフができます。

解説

 「引っ越し直後に訪問してきた業者から、管理会社と関連があるかのような説明を受け契約したがウソだった」などといった引っ越し直後の消費者を狙った訪問販売に関するトラブルが全国の消費生活センター等に寄せられています。

 新居に引っ越しした直後は荷ほどきや手続きなどで忙しく、また、新しい生活に不慣れな時期でもあるため、いつもより冷静な判断ができなくなりがちです。新生活が始まることの多い3、4月は特に注意しましょう。業者の話について少しでも疑問に感じたら、その場ですぐに契約せず、管理会社などに確認しましょう。

 お困りの際にはお近くの消費生活センター等(消費者ホットライン188)にご相談ください。

参考