独立行政法人国民生活センター

検索メニュー

×閉じる

現在の位置:トップページ > 相談事例 > 各種相談の件数や傾向 > 引越サービス

ここから本文
[2023年9月1日:更新]

引越サービス

 引越荷物を運ぶ「引越サービス」に関する相談では、作業中に荷物を破損・紛失されたといった相談や、料金に関する相談などがみられます。

PIO-NETに登録された相談件数の推移

年度 2020 2021 2022 2023
相談件数 1,948 1,868 1,952 226(前年同期 235)

相談件数は2023年5月31日現在(消費生活センター等からの経由相談は含まれていません)

最近の事例

  • インターネットで、引越サービスのプラットフォーム事業者を通じて引越を頼んだが、大きすぎると言ってベッドの運搬を断られたうえ、追加料金を請求された。納得できない。
  • 引越業者がパソコンモニターが入った段ボールを雑に扱ったためモニターの足が壊れた。補償してほしい。
  • 引越しの搬入の際、家電や家具についた泥で室内が汚れ、家電自体にも泥が入り込んでいた。清掃や清掃費を求めたが応じてくれない。
  • 引越しの時にダイニングセットのへこみや傷、ベッドマットの破れが生じた。引越業者に連絡すると、修理や買い替えの対応はできないと言われ、納得できない。
  • 引越業者を呼んで見積りを取ったが、後から届いた明細書の金額が見積時より3万円高くなっていた。見落としていた部分を上乗せしたと言われたが納得できない。
  • ※「最近の事例」は、相談者の申し出内容をもとにまとめたものです。

国民生活センターホームページの関連情報