独立行政法人国民生活センター

検索メニュー

×閉じる

現在の位置:トップページ > 相談事例 > 各種相談の件数や傾向 > インターネット通販・オークション

ここから本文
[2022年2月18日:更新]

インターネット通販・オークション

 インターネットやスマートフォンの普及に伴い、インターネット通販やインターネットオークションに関する相談が寄せられています。

PIO-NETに登録された相談件数の推移

インターネット通販
年度 2018 2019 2020 2021
相談件数 201,607 226,117 280,861 156,772(前年同期 200,858)
インターネットオークション
年度 2018 2019 2020 2021
相談件数 6,217 5,234 4,932 2,737(前年同期 3,331)

相談件数は2021年12月31日現在(消費生活センター等からの経由相談は含まれていません)

最近の事例

  • インターネットオークションでカップホルダーを落札し代金を支払ったが、海外からの発送で、商品と比べて送料がとても高額だった。取引をやめられないか。
  • オークションサイトでサーフボードを落札したが、説明と違い、傷だらけで補修しないと使えない状態だった。出品者が返品に応じず困っている。
  • デパートの閉店セールのSNS広告から販売サイトにアクセスし、ブランドバッグを代金引換で注文したが、詐欺サイトと分かった。対処方法を知りたい。
  • メーカーのホームページで掃除機・炊飯器などの家電を複数購入し、クレジットカードで決済したが、後から偽サイトだと分かった。どうしたらよいか。
  • フリマサイトでスニーカーとダウンジャケットを購入したが届いた商品が偽物だった。出品者に返金してほしい。
  • ※「最近の事例」は、相談者の申し出内容をもとにまとめたものです。

国民生活センターホームページの関連情報