独立行政法人国民生活センター

検索メニュー

×閉じる

現在の位置:トップページ > ライブラリ > 回収・修理、払戻し等 > 栄徳「投てき消火用具【消費者庁の措置命令に基づく公示】」

ここから本文
[2022年7月8日:公表]

栄徳「投てき消火用具【消費者庁の措置命令に基づく公示】」

※以下は、2022年7月8日、新聞の広告欄、当該事業者のホームページに掲載された情報です。

お詫びとお知らせ


 弊社は、景品表示法に基づく措置命令(令和4年5月24日付)に従い、一般消費者の誤認を排除する為、周知致します。

 弊社が販売する「First Shot」(以下「本件商品」という。)に関し、令和2年8月27日から令和4年4月15日までの間、「Amazon.co.jp」と称するウェブサイトにおける本件商品の販売ページにおいて、「火災発生→First Shotを火元へ投げる→迅速に消火」「ファーストショット1本の適用火災範囲は、約8㎡(立方メートル)です。」「ファーストショットは、天井まで届いていない火災、いわゆるA火災を対象にした製品です。瞬時に発生する特殊ガスが、火災を立体的に、効果的に鎮火します。」等と、あたかも一般的な住宅の居室内で発生する、当該居室の天井に炎の高さが届かない程度の火災で、かつ、約8㎥の範囲に炎が広がるまでの火災の火元に本件商品1本を投げるだけで、本件商品の消火剤から発生するガスの立体的な消火効果も作用して、当該火災を消すことができる効果が得られるかのように示す表示をしていました。かかる表示は本件商品の内容について、一般消費者に、実際のものよりも著しく優良であると誤認される表示であり、景品表示法に違反するものでありました。

 今回の消費者庁の措置命令を真摯に受け止め、再発防止に向けて全力で取り組み、お客様からの信頼回復に努めて参ります。本件により、お客様をはじめ、関係各位に多大なるご迷惑をおかけしました事を心より深くお詫び申し上げます。

 令和4年7月8日

株式会社栄徳


この情報は、被害を未然に防止することを目的に提供しているものです。
目的を達したと判断された段階で順次、削除します。