独立行政法人国民生活センター

検索メニュー

×閉じる

現在の位置:トップページ > ライブラリ > 回収・修理、払戻し等 > エビス総研「投てき消火用具【消費者庁の措置命令に基づく公示】」

ここから本文
[2022年6月30日:公表]

エビス総研「投てき消火用具【消費者庁の措置命令に基づく公示】」

※以下は、2022年6月30日、新聞の広告欄、当該事業者のホームページに掲載された情報です。

お詫びとお知らせ


 弊社は、景品表示法に基づく令和4年5月24日付措置命令に従い、下記のとおり周知します。

 弊社は、「小さな消防士」及び「小さな消防士2」を一般消費者に販売するに当たり、平成29年9月5日から令和4年5月10日まで、弊社ウェブサイト及びYouTube動画広告で、「炎に投げ込むだけで消火!」「子供・女性・老人 誰でも使える!」「小さな消防士1本で4畳半〜6畳程度の消火が可能ですので初期消火や、いざと言う時の避難経路を確保するための消火などに最適です。」等と表示するなど、あたかも、一般的な住宅の居室内で発生する、4畳半から6畳程度の範囲に炎が広がるまでの火災に弊社2商品1本を投げるだけで、その消火剤から発生するガスの消火効果も作用して、当該火災を消すことができる効果等が得られるかのように示す表示をしていました。

 また、同期間において、弊社ウェブサイト及びYouTube動画で、上記に加え「消防庁認定」「消防庁認定の消火能力の高さ!安全性」等と表示するなど、あたかも、上記の消火性能が弊社の2商品に備わっていることについて、消防庁が認定しているかのように示す表示をしていました。しかし、消防庁が弊社2商品に当該消火性能が備わっていることを認定した事実はありませんでした。

 これらの表示は、弊社2商品の内容について、一般消費者に、実際のものよりも著しく優良であると誤認される表示であり、景品表示法に違反するものでした。

 本件により、お客様はじめ、関係各位に多大なるご迷惑をお掛けしました事を心より深くお詫び申し上げます。

 令和4年6月30日

株式会社エビス総研


この情報は、被害を未然に防止することを目的に提供しているものです。
目的を達したと判断された段階で順次、削除します。