[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 研修・資料・相談員資格 > 国民生活 > 2017年8月号【No.61】(2017年8月15日発行)

[2017年8月15日:公表]

2017年8月号【No.61】(2017年8月15日発行)


2017年8月号【No.61】(2017年8月15日発行)<全体版>

「ウェブ版国民生活」8月号の表紙

国民生活8月号 全体版PDF(4.9MB)

  • 「全体版PDF」のボタンをクリックすると直接PDFファイルが開きます。
  • ファイルサイズは4.9MBです。ダウンロードには7秒〜35秒程度かかります。
  • 利用しているインターネット環境により、さらに時間がかかる場合があります。
  • アクセスが集中した場合、エラー画面が表示されることがあります。時間をおいてから、再度お試しください。


2017年8月号【No.61】(2017年8月15日発行)<分割版>

特集 消費者行動を読み解く−行動経済学の視点から−

近年、「人は常に合理的な行動を取る」という標準的な経済学の考え方ではなく、人はときに感情に動かされ、合理的とは言えない意思決定を下してしまうということを前提に、人間の行動や市場などを考えようという「行動経済学」が注目されています。この考え方が組み込まれたセールストークや商品設計を事業者は巧みに利用していると思われる相談があります。そこで、行動経済学を日常生活だけでなく、消費者法や競争法、さらには消費生活相談にも活用できるかを概観します。

特集 バックナンバー

消費者問題アラカルト

 話題になっている事柄や法改正の動きなどのトピックをすばやく発信します。

  • 私たちの暮らしと人工知能[PDF形式](332KB)
    【執筆者】三輪 誠司(NHK解説委員)

    人工知能が暮らしのさまざまな場面で活用されています。人工知能が学習するしくみや、産業や労働にもたらす影響など、私たちの暮らしに人工知能が今後どのように関わってくるのかについて解説します。

消費者問題アラカルト バックナンバー

新 インターネットと上手につき合う

 しくみや技術など、インターネットの基礎知識を絵や図表を使って分かりやすく解説します。

新 インターネットと上手につき合う バックナンバー

賃貸住宅の基礎知識−入居から原状回復まで−

 賃貸住宅の契約成立から契約解除、原状回復までに起こりやすいトラブルと解決方法、注意点を解説します。

賃貸住宅の基礎知識−入居から原状回復まで− バックナンバー

新連載消費生活相談に役立つ社会心理学

 消費者が事業者からどのような影響を受けて契約してしまうのかなどを、社会心理学の視点から考えます。

海外ニュース

 海外の消費者問題にかかわる話題をお届けします。

  • 海外ニュース(2017年8月号)[PDF形式](595KB)
    • [アメリカ]子どもの車内置き去り・閉じ込め事故を防ぐために
    • [オーストラリア]平飼い(レンジフリー)卵の購入ガイド
    • [ドイツ]効き目のある外用鎮痛剤は
    • [ドイツ、オーストリア]シニアが使いやすい携帯電話は
    【執筆者】安藤 佳子、岸 葉子

海外ニュース バックナンバー

消費者教育実践事例集

 2012年12月に消費者教育推進法が施行され、地域や学校における消費者教育に、より力を入れようという動きが広がっています。本コーナーでは現場で取り組まれている消費者教育の実践事例を紹介していきます。

消費者教育実践事例集 バックナンバー

クレジットカード取引におけるセキュリティ対策

 クレジットカードのセキュリティ対策について解説します。

  • 第3回 カード情報の悪用[PDF形式](517KB)
    【執筆者】山本 正行(山本国際コンサルタンツ代表)

    今回は、盗まれたカード情報がどのように利用(悪用)されるのか、その実態について解説します。

クレジットカード取引におけるセキュリティ対策 バックナンバー

新連載自動運転の未来図

 自動運転の現状と将来を、技術面と法的面から解説します。

苦情相談

 消費生活センター等に寄せられた相談をもとに、問題点や解決方法について考えます。

苦情相談 バックナンバー

暮らしの法律Q&A

 暮らしの中の疑問について、法律の専門家が考え方のヒントを紹介します。

暮らしの法律Q&A バックナンバー

暮らしの判例

 消費者問題にかかわる判例を分かりやすく解説します。

  • 学習塾の書面交付義務とクーリング・オフ[PDF形式](646KB)
    【執筆者】独立行政法人国民生活センター

    娘に学習塾の授業を受けさせる契約を締結した消費者が、特定商取引法で定められた書面の交付がなかったことを理由に、学習塾に対してクーリング・オフを主張して、未返還分の入会金、授業料等の返還を求めた事例を紹介します。

暮らしの判例 バックナンバー

誌上法学講座

 消費者問題にかかわる法律について、歴史や考え方などを解説します。

誌上法学講座 バックナンバー



注意事項

 ご使用の際は、次の注意事項をよく読んでお使いください。

 ウェブ版「国民生活」に掲載されている個々の情報(文字、写真、イラスト等)は著作権の対象となっています。また、ウェブ版「国民生活」トップページおよび各誌面も、編集著作物として著作権の対象となっており、ともに日本国著作権法及び国際条約により保護されています。これらの掲載物につき、許可なく変更、改変することを禁じます。

 ウェブ版「国民生活」の内容の全部または一部について、国民生活センターの許可なく複製等することは禁止しています。ただし、同法で認められている私的使用のための複製、引用等を禁止するものではありません。



※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。PDF形式の閲覧方法について


国民生活トップページへ

ページトップへ