[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 研修・資料・相談員資格 > 国民生活 > 2017年5月号【No.58】(2017年5月15日発行)

[2017年5月15日:公表]

2017年5月号【No.58】(2017年5月15日発行)


2017年5月号【No.58】(2017年5月15日発行)<全体版>

「ウェブ版国民生活」5月号の表紙

国民生活5月号 全体版PDF(4.7MB)

  • 「全体版PDF」のボタンをクリックすると直接PDFファイルが開きます。
  • ファイルサイズは4.7MBです。ダウンロードには7秒〜35秒程度かかります。
  • 利用しているインターネット環境により、さらに時間がかかる場合があります。
  • アクセスが集中した場合、エラー画面が表示されることがあります。時間をおいてから、再度お試しください。


2017年5月号【No.58】(2017年5月15日発行)<分割版>

特集 家庭内の事故を減らすために

乳幼児や高齢者の家庭内での不慮の事故が多発しています。ヒヤリハットの発生原因として「思い込み」「慣れ」「確認不足」などの認知心理的な要因も考えられ、事故(傷害)を減らすためには、こうした人間の心理的特徴を理解することも大切です。そこで、ヒヤリハットを心理学、人間行動学の面から解説するとともに、事故から考える製品づくりや実際の事例から事故防止対策などを紹介します。

特集 バックナンバー

消費者問題アラカルト

 話題になっている事柄や法改正の動きなどのトピックをすばやく発信します。

消費者問題アラカルト バックナンバー

エネルギーと消費生活

 日常生活のなかで利用する電気やガスを選択する際に身につけておくべき基礎知識について学びます。

  • 第4回 再生可能エネルギーの現状と課題[PDF形式](328KB)
    【執筆者】丸山 康司(名古屋大学大学院環境学研究科 社会環境学専攻(社会学講座)教授)

    太陽光や水力などを利用し、自然エネルギーとも呼ばれる再生可能エネルギーについて、現在の普及状況や、利用に伴う課題を解説します。

エネルギーと消費生活 バックナンバー

新 インターネットと上手につき合う

 インターネット取引の最新事情やトラブルに巻き込まれないために身に着けておきたい周辺知識を解説します。

新 インターネットと上手につき合う バックナンバー

環境志向の消費生活考

 地球環境に配慮した持続可能な消費生活を営むために私たち消費者ができることは何かについて考えます。

環境志向の消費生活考 バックナンバー

事例で学ぶ消費生活相談の関連法規

 相談事例を通して相談内容のポイントを探り、消費生活相談の現場に役立つ法規等の情報を届けます。

事例で学ぶ消費生活相談の関連法規 バックナンバー

海外ニュース

 海外の消費者問題にかかわる話題をお届けします。

  • 海外ニュース(2017年5月号)[PDF形式](642KB)
    • [アメリカ]2016年の取引に関わる消費者被害
    • [香港]ネットで探した訪問修理サービスのトラブル
    • [オーストリア]家庭内やレジャーの事故を防ぐために
    • [ドイツ]グリム童話に登場するラプンツェルをテスト
    【執筆者】安藤 佳子、岸 葉子

海外ニュース バックナンバー

消費者教育実践事例集

 2012年12月に消費者教育推進法が施行され、地域や学校における消費者教育に、より力を入れようという動きが広がっています。本コーナーでは現場で取り組まれている消費者教育の実践事例を紹介していきます。

消費者教育実践事例集 バックナンバー

金融商品の基礎講座

 金融商品のしくみや取引ルール、リスクなど金融商品の基礎について解説します。

  • 最終回 信託[PDF形式](560KB)
    【執筆者】伊藤 宏一(千葉商科大学人間社会学部教授)

    高齢化や家族の形態の変化を背景に「信託」に対するニーズが増えています。そこで、信託の制度や、主な信託について解説します。

金融商品の基礎講座 バックナンバー

苦情相談

 消費生活センター等に寄せられた相談をもとに、問題点や解決方法について考えます。

苦情相談 バックナンバー

暮らしの法律Q&A

 暮らしの中の疑問について、法律の専門家が考え方のヒントを紹介します。

暮らしの法律Q&A バックナンバー

暮らしの判例

 消費者問題にかかわる判例を分かりやすく解説します。

  • ワンセグ機能付き携帯電話所有者のNHKとの放送受信契約締結義務[PDF形式](606KB)
    【執筆者】独立行政法人国民生活センター

    ワンセグ機能付き携帯電話の所有者が、同携帯電話は、一定の場所に設置しておらず携帯しているに過ぎないから、放送法64条1項本文の「協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者」に該当しない等と主張して、NHKとの間に放送受信契約締結義務が存在しないことの確認を求めた事例を紹介します。

暮らしの判例 バックナンバー

誌上法学講座

 消費者問題にかかわる法律について、歴史や考え方などを解説します。

誌上法学講座 バックナンバー



注意事項

 ご使用の際は、次の注意事項をよく読んでお使いください。

 ウェブ版「国民生活」に掲載されている個々の情報(文字、写真、イラスト等)は著作権の対象となっています。また、ウェブ版「国民生活」トップページおよび各誌面も、編集著作物として著作権の対象となっており、ともに日本国著作権法及び国際条約により保護されています。これらの掲載物につき、許可なく変更、改変することを禁じます。

 ウェブ版「国民生活」の内容の全部または一部について、国民生活センターの許可なく複製等することは禁止しています。ただし、同法で認められている私的使用のための複製、引用等を禁止するものではありません。



※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。PDF形式の閲覧方法について


国民生活トップページへ

ページトップへ