[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 研修・資料・相談員資格 > 国民生活 > 2014年3月号【No.20】(2014年3月17日発行)

[2014年3月17日:公表]

2014年3月号【No.20】(2014年3月17日発行)


2014年3月号【No.20】(2014年3月17日発行)<全体版>

「ウェブ版国民生活」3月号の表紙

国民生活3月号 全体版PDF(6.8MB)

  • 「全体版PDF」のボタンをクリックすると直接PDFファイルが開きます。
  • ファイルサイズは6.8MBです。ダウンロードには10秒〜50秒程度かかります。
  • 利用しているインターネット環境により、さらに時間がかかる場合があります。
  • アクセスが集中した場合、エラー画面が表示されることがあります。時間をおいてから、再度お試しください。

【誌面デザイン】 株式会社サンビジネス



2014年3月号【No.20】(2014年3月17日発行)<分割版>

特集 美容医療

私たちの暮らしの中にも少しずつ広まりをみせている「美容医療」。脱毛、二重まぶた、豊胸、包茎、リフトアップなど、さまざまな施術が行われています。一方で、「高額な契約を迫られた」「説明が足りない」「施術後、腫れがひかない」などのトラブルも起こっています。今回は「美容医療」について、多角的な面から考察していきます。

特集 バックナンバー

消費者問題 あの時代

 時代ごとに消費者問題や消費者行政の変遷をたどっていきます。

消費者問題 あの時代 バックナンバー

生活知識情報

生活の中で役立つ注意情報や知識を紹介します。

住まいに関する支援制度

 住まいに関する支援制度の内容やしくみについて紹介します。

住まいに関する支援制度 バックナンバー

“くるま”なんでも教室

 自動車やバイク、自転車をはじめとするさまざまな乗り物のしくみや法律、周辺知識などを分かりやすく解説します。

“くるま”なんでも教室 バックナンバー

海外ニュース

 海外の消費者問題にかかわる話題をお届けします。

  • 海外ニュース(2014年3月号)[PDF形式](1.2MB)
    • [アメリカ]「脳震とうに効くサプリメント」に警告
    • [イギリス]鉄道運賃値上げが家計を圧迫
    • [ドイツ]鉛が溶出したエスプレッソマシンも
    • [EU(欧州連合)]ミツバチの大量死と農薬の関連性は?
    【執筆者】安藤 佳子、岸 葉子

海外ニュース バックナンバー

マークあれこれ

 暮らしの中で目にするいろいろなマーク。知っておきたいポイントや、マーク誕生のいきさつなどを紹介します。

  • 第19回 色彩が放つメッセージ性−マークと「色」の関係[PDF形式](1.3MB)
    【取材協力】村越 愛策さん(株式会社アイ・デザイン取締役会長)
    【取材・文】重光 純

    私たちがひと目見ただけでその意味が伝わる視覚言語・ピクトグラム。「かたち」だけでなく、実は「色」にも、大切な役割があるのです。今月はトイレのマークなどを通して、マークの持つ「色」に関するエピソードを紹介します。

マークあれこれ バックナンバー

少子高齢化を生きる

 少子高齢化が進む原因や問題点は何か、対策はあるのか。様々な側面から現状を眺め、私たちができる対策を紹介します。

  • 第15回 介護保険と高齢期のよろず相談窓口−「包括」の活用法[PDF形式](988KB)
    【執筆者】おち とよこ(ジャーナリスト・作家)

    「包括」とは「地域包括支援センター」のことで、地域の高齢者や家族を「介護、福祉、保険、医療」の多面から総合的に支える拠点として全国に約7,000カ所設置してあります。介護保険制度を活用するうえで知っておきたい「包括」の役割と活用法を紹介します。

少子高齢化を生きる バックナンバー

相談現場に役立つ情報 <相談現場で働く方向け>

 相談現場で必要な知識、相談解決に役立つ情報をお届けします。

新連載知っておきたい相談周辺の基礎知識

相談内容をよりよく理解するために知っておきたい情報を紹介します。

知っておきたい相談周辺の基礎知識 バックナンバー

消費者教育実践事例集

 2012年12月に消費者教育推進法が施行され、地域や学校における消費者教育に、より力を入れようという動きが広がっています。本コーナーでは現場で取り組まれている消費者教育の実践事例を紹介していきます。

消費者教育実践事例集 バックナンバー

適格消費者団体活動レポート

 「消費者団体訴訟制度」の重要な担い手である適格消費者団体の活動を紹介します。
 (消費者団体訴訟制度(団体訴権)の紹介

適格消費者団体活動レポート バックナンバー

苦情相談

 消費生活センターに寄せられた相談をもとに、問題点や解決方法について考えます。

苦情相談 バックナンバー

法律知識

 判例情報や、相談現場などで関心の高い消費者関連法について解説します。

誌上法学講座

 消費者問題にかかわる法律について、歴史や考え方などを解説します。

誌上法学講座 バックナンバー

暮らしの法律Q&A

 暮らしの中の疑問について、法律の専門家が考え方のヒントを紹介します。

暮らしの法律Q&A バックナンバー

  • *「暮らしの判例」は都合により休載しました。

そこが知りたい!そこも知りたい!

 国民生活センターが発表した情報に関連した話題を中心に最近の気になる情報を取り上げます。

  • NISAのしくみと利用上のポイント[PDF形式](933KB)
    【執筆者】石森 久雄(東京都金融広報委員会 金融広報アドバイザー)

    口座開設数が2013年末で475万件といわれているNISA。一般の人々にも関心の高いNISAのしくみと特徴を解説し、後半では、高齢者が安心して契約できるように日本証券業協会で制定された「高齢顧客への勧誘による販売に係るガイドライン」を紹介します。

そこが知りたい!そこも知りたい! バックナンバー



注意事項

 ご使用の際は、次の注意事項をよく読んでお使いください。

 ウェブ版「国民生活」に掲載されている個々の情報(文字、写真、イラスト等)は著作権の対象となっています。また、ウェブ版「国民生活」トップページおよび各誌面も、編集著作物として著作権の対象となっており、ともに日本国著作権法及び国際条約により保護されています。これらの掲載物につき、許可なく変更、改変することを禁じます。

 ウェブ版「国民生活」の内容の全部または一部について、国民生活センターの許可なく複製等することは禁止しています。ただし、同法で認められている私的使用のための複製、引用等を禁止するものではありません。



※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。PDF形式の閲覧方法について


国民生活トップページへ

ページトップへ