[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 研修・資料・相談員資格 > 国民生活 > 2013年7月号【No.12】(2013年7月16日発行)

[2013年7月23日:更新]
[2013年7月16日:公表]

2013年7月号【No.12】(2013年7月16日発行)


全体版

「ウェブ版国民生活」7月号の表紙

国民生活7月号 全体版PDF(6.7MB)

  • 「全体版PDF」のボタンをクリックすると直接PDFファイルが開きます。
  • ファイルサイズは6.7MBです。ダウンロードには9秒〜45秒程度かかります。
  • 利用しているインターネット環境により、さらに時間がかかる場合があります。
  • アクセスが集中した場合、エラー画面が表示されることがあります。時間をおいてから、再度お試しください。

【誌面デザイン】 株式会社サンビジネス



分割版

特集 知っておきたい最新ネット事情

特集 バックナンバー

生活知識情報

 生活の中で役立つ注意情報や知識を紹介します。

事例で学ぶインターネット取引

 苦情相談が増え続けているインターネット取引について、事例を挙げながら解説します。

  • 第14回 共同購入クーポンサイト[PDF形式](523KB)
    【執筆者】原田 由里(一般社団法人 ECネットワーク理事)

    一定時間内に一定数の購入者がいることを条件にインターネット上で販売され、飲食店などが割引料金で利用できる共同購入クーポン。数年前の「スカスカおせち」騒ぎを思い浮かべる人も多いと思います。今回は利用する際にどのような点に注意すべきか考えてみます。

事例で学ぶインターネット取引 バックナンバー

食べることから考える

 「食べ物」を通して、健康から環境問題など社会問題に触れます。

  • 第10回 エコクッキング[PDF形式](1.1MB)
    【執筆者】坂本 廣子(サカモトキッチン・スタジオ主宰、料理研究家、相愛大学客員教授)

    エネルギーや食材の無駄を省く「エコクッキング」を紹介します。

食べることから考える バックナンバー

海外ニュース

 海外の消費者問題にかかわる話題をお届けします。

  • 海外ニュース(2013年7月号)[PDF形式](1.1MB)
    • [アメリカ]子どもの「水の事故」を防ぐには
    • [イギリス]夏到来! 食中毒を避けるために
    • [ドイツ]視点が対照的な2誌の「ヘアカラー剤テスト」
    • [EU(欧州連合)]EU域内の消費者トラブルに対応
    【執筆者】安藤 佳子、岸 葉子

海外ニュース バックナンバー

マークあれこれ

 暮らしの中で目にするいろいろなマーク。知っておきたいポイントや、マーク誕生のいきさつなどを紹介します。

マークあれこれ バックナンバー

少子高齢化を生きる

 少子高齢化が進む原因や問題点は何か、対策はあるのか。様々な側面から現状を眺め、私たちができる対策を紹介します。

少子高齢化を生きる バックナンバー

相談現場に役立つ情報 <相談現場で働く方向け>

 相談現場で必要な知識、相談解決に役立つ情報をお届けします。

住宅に関する相談事例を考える

 住宅の欠陥をめぐる相談について、その解明と解決までの手順を説明します。

住宅に関する相談事例を考える バックナンバー

知っておきたい相談周辺の基礎知識

 相談内容をよりよく理解するために知っておきたい情報を紹介します。

知っておきたい相談周辺の基礎知識 バックナンバー

苦情相談

 消費生活センターに寄せられた相談をもとに、問題点や解決方法について考えます。

苦情相談 バックナンバー

法律知識

 判例情報や、相談現場などで関心の高い消費者関連法について解説します。

誌上法学講座

 消費者問題にかかわる法律について、歴史や考え方などを解説します。

誌上法学講座 バックナンバー



暮らしの判例

 消費者問題にかかわる判例を分かりやすく解説します。

暮らしの判例 バックナンバー

暮らしの法律Q&A

 暮らしの中の疑問について、法律の専門家が考え方のヒントを紹介します。

暮らしの法律Q&A バックナンバー

消費者問題 あの時代

 時代ごとに消費者問題や消費者行政の変遷をたどっていきます。

消費者問題 あの時代 バックナンバー

そこが知りたい!そこも知りたい!

 国民生活センターが発表した情報に関連した話題を取り上げます。

そこが知りたい!そこも知りたい! バックナンバー



注意事項

 ご使用の際は、次の注意事項をよく読んでお使いください。

 ウェブ版「国民生活」に掲載されている個々の情報(文字、写真、イラスト等)は著作権の対象となっています。また、ウェブ版「国民生活」トップページおよび各誌面も、編集著作物として著作権の対象となっており、ともに日本国著作権法及び国際条約により保護されています。これらの掲載物につき、許可なく変更、改変することを禁じます。

 ウェブ版「国民生活」の内容の全部または一部について、国民生活センターの許可なく複製等することは禁止しています。ただし、同法で認められている私的使用のための複製、引用等を禁止するものではありません。



※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。PDF形式の閲覧方法について


国民生活トップページへ

ページトップへ