[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 研修・資料・相談員資格 > 国民生活 > 2012年7月号【創刊準備号No.3】(2012年7月17日発行)

[2013年3月27日:更新]
[2012年7月17日:公表]

2012年7月号【創刊準備号No.3】(2012年7月17日発行)


主な目次

生活知識情報
【事例で学ぶインターネット取引】第2回 越境取引
【海外ニュース】
相談現場に役立つ情報<相談現場で働く方向け>
【苦情相談】施行説明書どおりに設置されず震災で転倒した蓄熱暖房器
【知っておきたい相談周辺の基礎知識】第1回 美容医療の実際と問題点
法律知識
【暮らしの判例】ドロップシッピングが特商法の業務提供誘引販売に該当するとして解除および原状回復を認めた事例
【暮らしの法律Q&A】新築工事に着手する前に契約を解除できますか?
【誌上法学講座】【製造物責任法(PL法)を学ぶ】第1回 製造物責任の歴史と製造物責任法の制定
そこが知りたい!そこも知りたい!
ステンレスを学ぼう−ステンレスのお手入れ方法−
論点
企業統治と消費者問題


本文

生活知識情報

 生活の中で役立つ注意情報や知識を紹介します。

事例で学ぶインターネット取引

 苦情相談が増え続けているインターネット取引について、事例を挙げながら解説します。

  • 第2回 越境取引[PDF形式](814KB)
    【執筆者】原田 由里(一般社団法人 ECネットワーク理事)

    インターネットの発展に伴い、日本の消費者は世界中の事業者と容易に取引できるようになりましたが、トラブルになると解決が困難です。現在、越境取引ではどのようなトラブルが発生しているのか、その対応方法などについて検討します。

事例で学ぶインターネット取引 バックナンバー

海外ニュース

 海外の消費者問題にかかわる情報をいち早くお届けします。

  • 海外ニュース(2012年7月号)[PDF形式](943KB)
    • [オーストリア]黒いヘナタトゥーによるアレルギーに注意
    • [アメリカ]バーベキューを安全に楽しむために
    • [ドイツ]リスク評価で消費者の健康保護を強化
    • [EU(欧州連合)]RAPEX−危険な製品情報を加盟国間で交換

海外ニュース バックナンバー

相談現場に役立つ情報 <相談現場で働く方向け>

 相談現場で必要な知識、相談解決に役立つ情報をお届けします。

苦情相談

 消費生活センターに寄せられた相談をもとに、問題点や解決方法について考えます。

苦情相談 バックナンバー

知っておきたい相談周辺の基礎知識

 相談内容をよりよく知るために知っておきたい情報を紹介します。

  • 第1回 美容医療の実際と問題点[PDF形式](789KB)
    【執筆者】保阪 善昭(医師 公益社団法人日本美容医療協会 総合東京病院形成外科)

    全国の消費生活センター等には2007年以降美容医療に関する相談が毎年1,000件以上寄せられています。そこで美容医療について具体的な手術方法やデメリットについて説明します。

法律知識

 判例情報や相談現場などで関心の高い消費者関連法について解説します。

暮らしの判例

 消費者問題にかかわる判例を分かりやすく解説します。

暮らしの判例 バックナンバー

暮らしの法律Q&A

 暮らしの中の疑問について、法律の専門家が考え方のヒントを紹介します。

暮らしの法律Q&A バックナンバー

誌上法学講座

 消費者問題にかかわる法律について、歴史や考え方などを解説します。

そこが知りたい!そこも知りたい!

 国民生活センターが発表した情報に関連した話題を取り上げます。

イチオシ!国民生活センター発表情報

論点

論点 バックナンバー



国民生活7月号の記事をまとめて読みたい方へ

国民生活7月号 全体版PDF(5.3MB)

  • 「全体版PDF」のボタンをクリックすると直接PDFファイルが開きます。
  • ファイルサイズは5.3MBです。ダウンロードには8秒〜40秒程度かかります。
  • 利用しているインターネット環境により、さらに時間がかかる場合があります。
  • アクセスが集中した場合、エラー画面が表示されることがあります。時間をおいてから、再度お試しください。


注意事項

 ご使用の際は、次の注意事項をよく読んでお使いください。

 ウェブ版「国民生活」に掲載されている個々の情報(文字、写真、イラスト等)は著作権の対象となっています。また、ウェブ版「国民生活」トップページおよび各誌面も、編集著作物として著作権の対象となっており、ともに日本国著作権法及び国際条約により保護されています。これらの掲載物につき、許可なく変更、改変することを禁じます。

 ウェブ版「国民生活」の内容の全部または一部について、国民生活センターの許可なく複製等することは禁止しています。ただし、同法で認められている私的使用のための複製、引用等を禁止するものではありません。



※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。PDF形式の閲覧方法について


国民生活トップページへ

ページトップへ