[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 研修・資料・相談員資格 > 国民生活 > 適格消費者団体活動レポート バックナンバー

[2016年8月15日:更新]
[2013年11月15日:公表]

適格消費者団体活動レポート バックナンバー

 「消費者団体訴訟制度」の重要な担い手である適格消費者団体の活動を紹介します。
 (消費者団体訴訟制度(団体訴権)の紹介

  • 連載を再開いたします。
    連載期間:2013年10月号(No.15)〜2014年9月号(No.26)、2016年6月号(No.47)〜

記事一覧

2016年8月号(No.49)

2016年7月号(No.48)

2016年6月号(No.47)

  • 第1回 消費者行政と手を携えて[PDF形式](710KB)
    【執筆者】原 彰宏(NPO法人 消費者支援ネットくまもと理事・専門部会副部会長。弁護士)

    消費者支援ネットくまもとの活動の中心となる事業者に対する申し入れ活動や差止請求関係の業務について紹介します。

2014年9月号(No.26)

2014年8月号(No.25)

2014年7月号(No.24)

  • 第10回 医療機関等に対する是正申入れ事例[PDF形式](158KB)
    【執筆者】伊藤 陽児(特定非営利活動(NPO)法人 消費者被害防止ネットワーク東海 理事 検討委員、弁護士)

    歯科医院の中途解約違約金条項等に関する申入れと医療機関の広告を集めたサイト運営事業者に対する申入れについて紹介します。

2014年6月号(No.23)

  • 第9回 北海道唯一の適格消費者団体として[PDF形式](180KB)
    【執筆者】町村 泰貴(特定非営利活動(NPO)法人消費者支援ネット北海道 検討委員長)

    消費者支援ネット北海道の不当取引の是正を目的とする活動、消費者および事業者への啓発や消費者教育を目的とする活動、そして消費者問題に関する調査研究や政策提言活動を取り上げます。

2014年5月号(No.22)

  • 第8回 調査会社に対する差止請求訴訟[PDF形式](452KB)
    【執筆者】長田 淳(特定非営利活動(NPO)法人埼玉消費者被害をなくす会副理事長 弁護士)

    今回は、埼玉消費者被害をなくす会が調査会社(いわゆる探偵業)に対して、解約手数料の契約条項の使用差止請求を求めた事案を紹介します。

2014年4月号(No.21)

2014年3月号(No.20)

2014年2月号(No.19)

2014年1月号(No.18)

2013年12月号(No.17)

2013年11月号(No.16)

2013年10月号(No.15)

  • 第1回 適格消費者団体の活動と課題[PDF形式](474KB)
    【執筆者】坂東 俊矢(京都産業大学大学院法務研究科教授、弁護士、特定非営利活動法人消費者支援機構関西(KC's)常任理事)

    今回は不当条項や不当勧誘行為の差止請求権をもつ適格消費者団体の役割と活動、その課題について説明します。



※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。PDF形式の閲覧方法について


国民生活トップページへ

ページトップへ