[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 研修・資料・相談員資格 > 国民生活 > 自動運転の未来図 バックナンバー

[2017年11月15日:更新]
[2017年9月15日:公表]

自動運転の未来図 バックナンバー

 自動運転の現状と将来を、技術面と法的面から解説します。

  • 連載は終了しました。
    連載期間:2017年8月号(No.61)〜2017年11月号(No.64)

記事一覧

2017年11月号(No.64)

  • 最終回 自動運転の事故と責任−模擬裁判の試み−[PDF形式](402KB)
    【執筆者】中山 幸二(明治大学大学院法務研究科教授)

    自動運転の未来を考えるうえでは、工学と法学の架橋のため、技術者と法律家の対話が必要です。そして、社会的受容のためにも、専門家と消費者との対話も必須です。今回は対話の手法として有益と考えられる、自動運転の事故に関連した「模擬裁判」の事例を二つ取り上げます。

2017年10月号(No.63)

  • 第3回 自動運転の法的課題[PDF形式](690KB)
    【執筆者】中山 幸二(明治大学大学院法務研究科教授)

    自動運転の進化により、現行法の内容が大きく変質すると予想されます。その可能性や、関係省庁の法整備の取り組みなどを紹介します。

2017年9月号(No.62)

2017年8月号(No.61)



※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。PDF形式の閲覧方法について


国民生活トップページへ

ページトップへ