独立行政法人国民生活センター

検索メニュー

×閉じる

現在の位置: トップページ > 注目情報 > 商品テスト > 商品テスト結果 > 遊戯施設におけるトランポリンでの事故にご注意ください!−骨折や、神経損傷等の重傷例も−

ここから本文
[2020年12月10日:更新]
[2020年12月9日:公表]

遊戯施設におけるトランポリンでの事故にご注意ください!−骨折や、神経損傷等の重傷例も−

*詳細な内容につきましては、本ページの最後にある「報告書本文[PDF形式]」をご覧ください。

 近年、様々なトランポリンを取り扱う屋内遊戯施設の増加に伴い、公式競技で使用されるような高く跳躍できるトランポリンで、気軽に遊ぶことができるようになりました。

 しかし、トランポリンは、安全な遊び方を正しく理解していないと、落下や転倒、衝突により骨折や神経損傷等の重大な事故につながることもあり、消費者庁へ「遊戯施設(トランポリン)で遊んでいたところ、トランポリン外に落下し、左肘関節脱臼骨折の重傷」として、トランポリンによる重大事故等が、消費者安全法第12条第1項の規定に基づき、令和2年4月21日に通知される等、複数の事故情報が寄せられています。


消費者へのアドバイス

 トランポリンで遊ぶときは、遊戯施設の利用規約や注意事項・禁止事項をよく確認し、さらに特に次の点に注意して安全に利用しましょう。

  1. トランポリンは、正しく使用しないとけがをする危険性が高まります。施設のルールを守って遊びましょう。
  2. トランポリンを初めて利用される方は、安定した姿勢で跳べる、低めの高さから徐々に体を慣らすようにしましょう。いきなり高く跳ぶことや、宙返りなどの危険な技はやめましょう。
  3. ジャンプの高さが高くなるほど、衝撃が大きくなり、転落や墜落によるけがの程度が重くなります。公式競技にも使用されるような、高く跳躍できるトランポリンを使用する際は、危険性を理解した上で、無理のない範囲で使用しましょう。
  4. 1つのトランポリンは1人ずつ使用しましょう。同時に2人以上で使用すると衝突するなどしてけがにつながる危険性があります。

動画

動画イメージ写真 斜めに落下させた場合の跳ね返り方の様子
動画:遊戯施設におけるトランポリンでの事故にご注意ください!


本件連絡先 商品テスト部
電話 042-758-3165

※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。PDF形式の閲覧方法について


<お知らせ>
報告書本文内の12ページ、及び別添内の9ページの「過去5年間の事故の発生状況について」の骨折の件数を修正等いたしました。(2020年12月10日)