[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 商品テスト・回収情報 > 商品テスト結果 > 取り出しツマミが鋭利な排水口のごみ取り(相談解決のためのテストから No.112)

[2017年6月29日:公表]

取り出しツマミが鋭利な排水口のごみ取り(相談解決のためのテストから No.112)

*詳細な内容につきましては、本ページの最後にある「報告書本文(PDF)」をご覧下さい。

消費生活センター等の依頼に基づいて実施した商品テスト結果をご紹介します。

 「排水口のごみ取りを外そうとして、右手中指を切った。鋭利なところがないか調べてほしい。」という依頼を受けました。

 当該品は、流し台の排水口に設置して、ごみを濾(こ)し取るもので、ステンレスの板に小さな穴があいた構造となっていました。相談者によると、当該品を排水口から取り出す際、取り出しツマミに右手中指を引っかけて取ろうとしたところ、ツマミが指に食い込んで指を切ってしまったとのことでした。

 当該品の取り出しツマミ及び本体外周部の端部をマイクロスコープで観察したところ、いずれもプレス加工で打ち抜いた際にできたと見られるせん断面及び破断面が観察され、取り出しツマミの破断面端部はバリ取り加工の形跡はなく、鋭利な状態でした。一方、外周部の破断面はバリ取り加工されており滑らかな形状でした。

 そこで、取り出しツマミ端部の鋭利度について、参考に玩具安全基準(ST基準)及び米国の安全規格(UL規格)のシャープエッジテストを行ったところ、いずれのテストにおいても鋭い縁部と判定され、場合によってはけがをするおそれがありました。

 また、当該品パッケージには、取り出しツマミを棒などで引っかけて取りはずす旨の表示や、金属の切断部分で手を切らないように注意する旨の表示がありましたが、ツマミの形状から指をかけてしまうことも考えられました。

 以上、当該品は取り出しツマミの端部が鋭利であり、指をかけるとけがをするおそれが考えられました。

 依頼センターがテスト結果を事業者に説明したところ、取り出しツマミの端部をバリ取りし、鋭利な部分をなくすほか、取り出しツマミに指先が入りにくい形状に変更するとの回答がありました。



本件連絡先 商品テスト部
電話 042-758-3165

※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。PDF形式の閲覧方法について


商品テスト結果トップページへ

ページトップへ