[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 商品テスト・回収情報 > 商品テスト結果 > ベビーカーの安全性

[2004年4月7日:公表]

ベビーカーの安全性

目的

 乳幼児と外出するときには欠かせないものとなっているベビーカーは、乳幼児の年齢や使用形態などを考慮した様々なものが販売されている。PIO-NETの危害情報システムには1998年度から2003年11月末日までに転落・転倒などの事例が311件寄せられている。また、後部車輪が変形したなどの耐久性に関する相談も寄せられている。そこで、転落や転倒などの安全性や耐久性、使用性についてテストを実施した。



結果

  • シートベルトは、股・腰のみを拘束し上体が自由な3点支持式が多いが、転落防止のためには、股・腰・肩で上体を拘束する5点支持式が有効と考えられた
  • 一部の銘柄においては、走行中にハンドルと本体にできるすき間やフロントバーの脱着時のすき間で、乳幼児の手や指を挟む可能性があった
  • 電車・バスが急停止した場合には、ベビーカーの滑り出しや転倒などの危険性があった
  • 段差のある周回路を50km連続走行したとき、車輪の取付け角度の変形などを生じたものがあった


消費者へのアドバイス

  • 股・腰・肩ベルトで上体全体を拘束する5点支持式のシートベルトは、転落防止に有効と考えられるので、対象年齢や使い勝手なども考慮して検討するとよい
  • ハンドルやフロントバーの操作時にすき間ができるものがあり、手や指を挟む可能性があるので十分注意する
  • 折りたたまずに乗車できる一部の電車などでは、車輪のストッパーをかけても急停止したときには転倒するなどの危険性が考えられるのでしっかり支える
  • 折りたたんだときの大きさや重さが異なるほか、構造や使用形態なども銘柄によって異なるので対象年齢などを考慮の上、店頭で確かめて選ぶとよい


業界への要望

  • ハンドルと本体の間やフロントバー脱着時に生じたすき間で手や指などを挟む可能性があったので改善を要望する
  • 転落防止に有効な5点支持式シートベルトや急坂で安全に走行するためのブレーキ等を装備したものを消費者が選択できるよう商品の充実を要望する
  • 乳幼児を乗せたままベビーカーを持ち運ぶことは危険なので避けるべきであるが、使用実態を考慮した現実的な商品造りを要望する


要望先

全国ベビー&シルバー用品連合会



情報提供先

内閣府国民生活局消費者調整課
経済産業省商務情報政策局消費経済部消費経済政策課
国土交通省総合政策局交通消費者行政課



業界の意見 −たしかな目 2004年7月号より−

アップリカ葛西より

 ベビーカーのすき間で手や指などを挟む可能性については、取扱説明書、警告表示への注意書きのみでは、不十分と言うことを認識し、製品ついては、使用時のみならず、不注意事故、及び誤使用に対しても要因の排除等を積極的に実施し、また、企画・開発・製造する製品については、範囲を定めて消費者の選択できる商品を充実させ、さらに使用実態を再調査し、製品に盛り込んだ設計を実施する所存です。

アップリカ葛西株式会社 品質保証部 部長 前田利彦

カトージより

 「アンブレラストローラー・かるいdeちゅ」に発生した不具合の内、シートの破れについては、組立段階でシート取付の際、パイプの挿入に一部問題がありました。昨年12月よりすでに対応しております。また、日除け留めネジの脱落については、ナットを違うタイプのナットに変更し昨年10月より対応しております。後輪の変形については、昨年末工場の変更とともにパイプの肉厚を若干厚くしておりますが、更なる耐久性向上に向けて改善の努力をしてまいります。
「グレコ・コンパクトベビーカー(edt)」については、本年新商品より取扱説明書にラバーメイト社の国内事務所が掲載されております。本体の警告表示については改善の依頼をラバーメイト社に依頼しました。尚、在庫品のベビーカーについては、当社の連絡先を追加説明書としてケース内へ入れて出荷します。

株式会社カトージ 商品仕入部 課長 新美健太郎




本件連絡先 商品テスト部
電話 042-758-3165

※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。PDF形式の閲覧方法について


商品テスト結果トップページへ

ページトップへ