[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 通報/相談窓口・紛争解決 > 消費者トラブルメール箱 > 消費者トラブルメール箱に書き込むにあたってのご注意

消費者トラブルメール箱に書き込むにあたってのご注意

以下の内容にすべて同意して、「同意する」を押すと、書き込みできるページへ進むことができます。
(「同意しない」を押した場合には、トップページに戻ります)


皆さんに確認をお願いしたいこと

  1. 書き込みたい情報とともに、氏名・住所・電話番号・年齢・性別・職業・電子メールアドレスを正しく記入してください。
    • 氏名・住所・電話番号・電子メールアドレスは、本人との連絡にのみ利用し、法令に基づく場合を除き、同意を得ずに他の目的で利用しません。
  2. 書き込みされた方の電子メールアドレス宛に、受領した旨のメールを自動返信します。携帯電話やメールソフトは、「kokusen.go.jp」ドメインからのメール受信ができるよう、設定をお願いします。
  3. 複数の情報提供を行う場合には、送信間隔を2分以上空けるようお願いいたします。
  4. 本コーナーは、現在インターネットエクスプローラの6.0以上についてのみ、対応しております。携帯電話・スマートフォンのブラウザからは、正常な送信が行えない場合もあります。また、機種依存文字や記号があると正常に送信できなくなるのでご了承ください。


提供された情報について、国民生活センターが行うこと

  1. 消費者被害の未然防止・拡大防止のため、個人を特定したり、権利・利益を不当に侵害しない範囲で編集し、公表資料や普及啓発資料に活用させていただくことがあります。
  2. 消費者安全法第12条に基づき、生命・身体に重大な被害を受けた事故等と判断される情報は、消費者庁へ情報提供します。
  3. 事案によっては、詳しく状況をお聞きするため、お問い合わせをすることがあります。
  4. お預かりした氏名・住所・電話番号・電子メールアドレスは、受信から6カ月以内に消去します。


提供された情報について、国民生活センターが行わないこと、行えないこと

  1. 相談としての受付は行っていません。最寄りの消費生活センターにご相談して下さい。
  2. 各自治体の消費生活センターへの連絡や取り次ぎは行えません。
  3. 匿名または連絡先不明の提供情報については、追跡調査を行いません。


上記について、
 

消費者トラブルメール箱トップページへ

ページトップへ