[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 通報/相談窓口・紛争解決 > 消費者トラブルメール箱 > 「消費者トラブルメール箱」の集計結果について > 「消費者トラブルメール箱」集計結果(平成17年10月〜12月分)

[2006年1月13日:公表]

「消費者トラブルメール箱」集計結果(平成17年10月〜12月分)

情報提供の件数、内容等(受信期間:平成17年10月1日〜12月31日)

件数

 1,622件

 *1日平均約17通の情報が送信されています。

(参考)平成16年10月1日〜12月31日までの情報受信件数は1,611件(1日平均約17通)

送信者の属性について

 男性の割合が78.3%を占めており、職業別では給与生活者からの送信が59.0%と高い割合になっています。年代別では30歳代が35.5%と最も多く、次いで20歳代が33.6%となっています。

情報提供内容の傾向について

 架空・不当請求に関する情報が多く寄せられています。また、新たな手口として、「依頼した覚えもないのに『デジタル放送接続料金請求書』と書かれた封書が届き、工事費用を請求された」という情報も寄せられています。

  • 【参考】以前より当センターホームページにて架空・不当請求についての注意を呼びかけています。詳しくは下記をご覧ください。

 また、以前より、オンラインゲームに関するトラブル情報が多く寄せられています。そこで、オンラインゲームに関する問題点をまとめ、関係機関に情報提供を行いました。

商品分類別受信件数等

別添のとおり(PDF形式)



主な事案

トイレのドアに親指を挟んで切断

 小学生が学童施設内のトイレでドアに指を挟まれて、右手親指の関節部から先を切断する事故が発生したという情報が寄せられました。詳しくは下記をご覧ください。

カーナビとETC車載器の組み合わせによる不具合

 「自動車メーカーのカーナビゲーション(以下、カーナビという)とETC車載器を組み合わせて使用したところ、ETCが使用可能な状態であるのに、カーナビから『現在ETCをご利用になっていません』と音声案内される。ETCゲート付近で音声案内されるため危険である」という情報が寄せられました。

 事業者に確認したところ、当該ETC車載器と組み合わせた場合のカーナビの不具合により、ETCが利用できないとの音声案内がされることが分かりました。当センターより、危険回避のための消費者への情報提供及び修理対応について申し入れたところ、事業者ホームページ及び社告による情報提供がなされました。

バストへの効果をうたった医薬部外品の広告表示

 「『エチニルエストラジオール』を配合した薬用クリーム。経口避妊薬に含まれている成分なので、ピルを利用している人などは使用しない方がいいといった注意は必要ないか?『厚生労働省がそのパワーを認めた信頼の医薬部外品だから、期待も高まる』と書いてあるのは誇大広告にならないか?」という情報が寄せられました。

 当該商品の使用にあたり、送信者が心配するようなピル服用者への注意喚起の必要性などについて厚生労働省に確認したところ、当該商品は塗布して使用するものなので注意喚起の必要はないが、「厚生労働省がそのパワーを認めた」との表現は問題であるとのことでした。また、当該商品の通販ホームページの広告表示(「エチニルエストラジオール」について、「動脈を広げて皮膚の血液循環を良くし、張りのある生き生きとした肌にする女性ホルモンの一種」等とうたっている)は、薬事法に抵触する恐れがあるため、厚生労働省及び事業者の所管自治体に対して情報提供を行いました。

ガン抑制効果等をうたったミネラルウォーター

 「テレビでの紹介を見て、インターネットを利用してミネラルウォーターを購入したが、購入後、テレビ局のホームページには、紹介されたミネラルウォーターは当社の番組とは一切関係がないと記載されていた。ガンにかかって転移が心配なため、このミネラルウォーターを常飲しているという人もいて、だまされている様な気がする」という情報が寄せられました。

 当センターでインターネットの関連サイトを調べたところ、薬事法に抵触する恐れのある広告(ガン抑制効果、抗糖尿病効果等)が確認されたため、広告掲載事業者等の所管自治体に情報提供を行いました。



※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。案内ページ


消費者トラブルメール箱トップページへ

ページトップへ