[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 通報/相談窓口・紛争解決 > 消費者トラブルメール箱 > 「消費者トラブルメール箱」の集計結果について > 「消費者トラブルメール箱」集計結果(平成17年7月〜9月分)

[2005年10月14日:公表]

「消費者トラブルメール箱」集計結果(平成17年7月〜9月分)

情報受信件数、内容等(受信期間:平成17年7月1日〜9月30日)

件数

 1,696件

 *1日平均約18通の情報が送信されています。

 (参考)平成16年7月1日〜9月30日までの受付件数は1,015件(1日平均約11通)

送信者の属性について

 男性の割合が74.5%を占めており、職業別では給与生活者からの情報提供が55.4%と高い割合になっています。年代別では30歳代が37.1%と最も多く、次いで20歳代が30.5%となっています。

情報提供内容の傾向について

 架空・不当請求に関する情報が多く寄せられています。また、架空請求の危険性がある新たな手口の情報も寄せられています。〔2.1)参照〕

  • 【参考】以前より当センターホームページにて注意を呼びかけています。詳しくは下記をご覧ください。

 他には、オンラインゲームの運営体制に関する情報や、キャラクターの商標登録に関する情報が多く寄せられました。

商品分類別受信件数等

別添のとおり(PDF形式)



主な事案

「総務省認可特殊法人」を名乗る団体による虚偽の文書

 「『総務省認可特殊法人 全日本住基ネットサービス 個人情報保護対策課』と名乗る業者から『住民基本台帳ネットワークシステムにおいて重大な登録違反が発覚した』といって連絡を求めるはがきが届いた」という情報が寄せられました。

 総務省とは無関係の団体が住基ネットの登録違反という理由で連絡を要求しています。このようなはがきが届いても連絡しないよう注意が必要です。

  • 【参考】総務省のホームページにて注意を呼びかけています。詳しくは下記をご覧ください。

インターネットショッピングモールにおける価格誤表記

 「インターネットショッピングモールにおいて、商品を注文したが、後日、事業者に価格表記に誤りがあったと言われ、一方的にキャンセルされた。納得できない」という情報が複数件寄せられました。

 販売店がインターネットショッピングモールにおいて、家電製品の販売価格を10分の1に誤って表記してしまい、注文が殺到したものです。通常、インターネットを介した通信販売の場合、承諾メールが相手方のサーバに到達した時に契約が成立します。販売店に確認したところ、「今回、ショッピングモール運営業者は申込者に『販売店で在庫などを確認のうえ受注が可能な場合には、別途、受注のメールを販売店が送信する』という内容の自動返信メールを送っており、販売店は受注のメール(承諾メール)を送っていないため、契約は成立していない」との説明でした。その後、販売店によって既に代金を支払った申込者への返金やクレジットの支払停止等の対応が行われました。

デジタル一眼レフカメラの不具合

 「デジタル一眼レフカメラが突然動かなくなる不具合が発生している。また、メーカー保証期間が過ぎていても、修理が無償だったり、有償だったりと(有償の場合は2万円程度)様々である」という情報が寄せられました。

 事業者に確認したところ、一部部品不良のため不具合が発生しており、既に無償修理対応しているとのことでした。当センターより、消費者への情報提供及び有償修理者への対応等について申し入れたところ、事業者のホームページに、「当該不具合が発生した場合には保証期間を過ぎても無償修理対応します」との告知がなされ、既に有償修理済みのユーザーに対しては、「返金する方向で準備を進めている」と併記されました。

オンラインゲームの突然の利用停止

 「オンラインゲームを利用していたところ、身に覚えのない理由で突然アカウントを停止された。運営業者に問い合わせても詳しい説明がされない」という情報が以前から寄せられています。

 情報が多く寄せられた運営業者に確認したところ、「アカウント停止された理由に覚えがないと申し出があった場合再調査することもあるが、処分を覆すことはあまりない。利用規約に『一切返金しない』と定めているため、返金等の対応はしていない」とのことでした。今後、利用者に十分説明することや苦情処理体制を改善することを申し入れました。

 このほか、以前から情報が多く寄せられているオンラインゲームの運営業者に対し、BOT行為(利用者がソフトを用いて自動でゲーム上のキャラクターを操作する行為)への対応等について再度改善を申し入れました。

ネコのキャラクターの商標登録についての問題

 インターネット掲示板サイトで親しまれてきたネコのキャラクターに似たキャラクターを、ある事業者がCDの特典映像として使用し、著作権を主張している。納得できない、という情報が数十件寄せられました。

 その後事業者は、CDの特典として付けている映像の提供を今後中止し、商標登録の出願も取り下げる旨をホームページに掲載しています。



※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。案内ページ


消費者トラブルメール箱トップページへ

ページトップへ