[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 通報/相談窓口・紛争解決 > 消費者トラブルメール箱 > 「消費者トラブルメール箱」の集計結果について > 「消費者トラブルメール箱」集計結果(平成17年1月〜3月分)

[2005年4月15日:公表]

「消費者トラブルメール箱」集計結果(平成17年1月〜3月分)

情報受信件数、内容等(受信期間:平成17年1月1日〜3月31日)

件数

 2,338件

 *1日平均約25通の情報が送信されています。

 (参考)平成16年1月1日〜3月31日までの受付件数は1,132件(1日平均約12通)

送信者の属性について

 男性の割合が79%を占めており、職業別では給与生活者からの情報提供が58.2%と高い割合になっています。年代別では20歳代が33.2%と最も多く、次いで30歳代が32.6%となっています。

情報提供内容の傾向について

 依然として、携帯電話やパソコンでアダルトサイトなどへアクセスして何らかの項目をクリックすると、突然「登録が完了しました」などと表示され、料金を請求されたという情報が多く寄せられています。

 通信サービス関連の情報としては、オンラインゲームに関して多く寄せられています。多くが運営業者の運営管理に関する情報です。

 また、製品関連の不具合に関する情報も多く寄せられました。

商品分類別受信件数等

別添のとおり(PDF形式)



主な事案

直収型固定電話サービス(*)に関するトラブル

 新たに開始された直収型固定電話サービスに関するトラブルの情報が約40件寄せられました。 (*)直収型固定電話サービスとは、従来必要であったいわゆる電話加入権を必要とせず、利用者が直に個々の通信事業者に加入する形の固定電話サービスです。

 トラブルの内容は以下の通りです。

  • 勧誘の電話があり、資料送付を了承したところ、後日、通信事業者から契約したことになっている通知が届いた。勧誘方法に問題があるのではないか。
  • 契約をした覚えがないのに通信事業者から契約したことになっている通知が届いた。通信事業者に問い合わせて契約に至った経緯をたずねたが、「代理店がやったことなので当社とは関係ない」と回答された。対応に不満である。
  • 電話勧誘でお得なキャンペーン内容を伝えられ契約したが、その後自分で通信事業者のホームページを見て契約内容を確認したところ、基本料金や工事費用等が発生することが分かった。勧誘時に諸費用が必要になるという説明は一切なかった。問題ではないか。

 当センターが特にトラブルが多い通信事業者に事情を聴いたところ、「代理店が電話勧誘する際、強引な勧誘を行わないように指導を強化する。問題のある代理店に関しては調査や代理店契約の取消し等の厳しい処分も行う」との回答がありました。その後も情報が寄せられたため、平成17年3月、当センターは総務省に情報提供し、総務省は改善策を講じるよう事業者を指導しました。

プリンタ複合機の不具合に関するメーカーの対応

 1年半前にインクジェットプリンタ機能がある複合機を購入した消費者から、「インクの残量があるのに色が出なくなり、新しいインクカートリッジに交換しても色が出ない。マニュアルに従いクリーニングを行ったが、今度は別の色が出なくなってしまった」という情報が16件寄せられました。

 メーカーに事情を聴いたところ「設置している環境が悪かったり、使用頻度が少なかったりすると、どの機種にも発生し得るトラブルである」という回答でした。

 メーカーに、トラブルを回避するための注意を消費者に情報提供するよう口頭で要望した結果、ホームページのQ&Aコーナーに、対処方法が掲載されました。

公衆浴場施設内での問題販売行為

 公衆浴場施設内において血液検査をした後、飲料水を販売している業者がいるという情報提供がありました。

 「浴場施設内で、1,000円で自分の血液をモニターに映し出し見られるというサービスをしている。店員はモニターを見て『ストレスを溜めていますね』、『お通じが良くないですね』などと言う。その後、飲料水を1本渡され『飲んだ後30分以内に来れば、もう一度無料でみます。人によっては血液がさらさらになります』と言う。その場ではその飲料水の販売もしていた」という内容です。

 当センターは、業者の販売方法に問題があるとして、所管の保健所に情報提供しました。その結果、当該浴場施設内での販売行為は停止されました。同保健所によれば、「血液検査をしていた業者と飲料水を販売していた業者は別業者で、血液検査と飲料水の販売を組み合わせた新たな販売方法である。申込者自らが採血しており、検査に際して申込者に医学的な診断ではないという同意書を書かせており、医療法や医師法に抵触している明確な証拠がないため、口頭で指導を行った」とのことです。

「新製品の初期不良に関する情報提供」続報

 平成17年1月17日に情報提供した「携帯用ゲーム機に関する不具合のその後」についてお伝えします。

 携帯用ゲーム機のボタンを押すと引っかかって元に戻らなくなる、ボタンを押しても入力されない場合がある、という情報はその後も増え、合計約23件寄せられました。

 当センターは、消費者に対する迅速な情報提供を行うよう口頭で要望したところ、メーカーのホームページのQ&Aコーナーに、ボタンが元に戻らなくなる不具合とボタンの入力方法についての情報が掲載されました。



※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。案内ページ


消費者トラブルメール箱トップページへ

ページトップへ