独立行政法人国民生活センター

検索メニュー

×閉じる

現在の位置: トップページ > 相談事例・判例 > 身近な消費者トラブルQ&A > キャッシュレス・ポイント還元事業の注意点は?

ここから本文
[2020年8月3日:更新]
[2019年12月13日:公表]

キャッシュレス・ポイント還元事業の注意点は?

質問

 キャッシュレス・ポイント還元事業の対象店舗で買い物をした際、クレジットカードで支払いましたがポイントが還元されませんでした。この事業の対象とならないクレジットカードがあるのですか。

回答

 海外発行のクレジットカードなど、制度に参加していないキャッシュレス決済手段は対象外です。商品を購入する前に、対象となる決済手段や店舗、還元率を、店頭のポスターや公式ホームページなどで確認しましょう。

解説

 キャッシュレス・ポイント還元事業とは、2019年10月1日の消費税率引き上げに伴い、消費の落ち込みを防ぐ対策として経済産業省が推進している事業で、2020年6月末まで行われます。キャッシュレス対応による生産性向上や消費者の利便性向上、中小・小規模事業者によるキャッシュレス決済手段を使ったポイント還元による消費喚起などの目的があります。

 対象店舗において登録されたキャッシュレス決済で支払いをした消費者は、最大5%のポイント還元を受けられます。また、同事業と併行して事業者が独自のポイント還元事業を行っているケースもあります。

 キャッシュレス・ポイント還元事業の仕組みを正しく理解したうえで、利用する店舗や決済手段を選択することが大切です。

キャッシュレス・ポイント還元事業 ※2020年6月30日で終了しました。

対象となる店舗

  • 小売、飲食、サービスなどの一般の中小店舗
  • フランチャイズチェーンやガソリンスタンド
  • ECサイト上の中小店舗

下記のマークを目印にしましょう
キャッシュレス・ポイント還元事業マーク

対象となるキャッシュレス決済

 クレジットカード、デビットカード、電子マネー(プリペイド)、QRコードなど繰り返し利用できる決済手段

 対象となる店舗と決済手段、還元率は以下のサイトで確認できます。

知っておきたい注意点

 キャッシュレス・ポイント還元制度を利用する際は、以下の点に注意しましょう。

  • ポイント還元率や還元対象となる決済手段は店舗によって異なる。
  • 還元の方法やタイミング、上限などはキャッシュレス決済手段毎や店舗毎に異なる。
  • 還元を受けるため事前に決済事業者のサイトに登録等が必要なケースがある。

お困りの際にはお近くの消費生活センター等(消費者ホットライン188)にご相談ください。

参考