[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 相談事例・判例 > メールでよくある情報提供と回答 > 海賊版ソフトを見つけたら

[2018年9月28日:公表]

海賊版ソフトを見つけたら

質問

 フリマサイトで、ビジネス用ソフトが販売されていますが、極端に価格が安く、そのソフトは海賊版の可能性があると思います。海賊版だとわかった場合、通報する窓口はありますか?



回答

 海賊版の商品について、経済産業省と都道府県警察本部では、相談・情報提供を受け付けています。海賊版ソフトを見つけた場合は、これらの窓口に通報しましょう。



解説

 著作権者の許諾を受けずに複製(コピー)された著作物は海賊版と呼ばれ、販売することは違法行為とされています。しかし、オークションサイトやフリマサイトを中心に、正規品と偽り海賊版が販売されていることがあります。質問のケース以外にも、CDやDVDなど、さまざまな海賊版によるトラブルが起こっています。

 ソフトウエアや音楽、映画、写真などの著作物は、知的財産として著作権法によって保護されています。権利者に無断で複製したり、インターネット上にアップロードした者だけでなく、商品が海賊版であることを知りながら音楽・映画をダウンロードした者も罪に問われることがあります。

 海賊版と知りながらダウンロードすることは絶対にやめましょう。

 また、海賊版かどうか判断が難しい場合は、海賊版の特徴や情報について製造元に問い合わせるなどして、購入・使用は慎重にしましょう。

 なお、海賊版の商品で被害を受けたり、海賊版の商品を見つけたりした場合は、以下の機関に相談・情報提供しましょう。

お困りの際にはお近くの消費生活センター等(消費者ホットライン188)にご相談ください。



参考



※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。 PDF形式の閲覧方法について


メールでよくある情報提供と回答トップページへ

ページトップへ