独立行政法人国民生活センター

検索メニュー

×閉じる

現在の位置: トップページ > 相談事例・判例 > 身近な消費者トラブルQ&A > ブログにあった動画を再生しようとしたらアダルトサイトに登録された

ここから本文
[2018年1月29日:公表]

ブログにあった動画を再生しようとしたらアダルトサイトに登録された

質問

 ブログにあった芸能人の動画を見ようと思って再生しようとしたところ、アダルトサイトに登録されてしまいました。利用料金を請求されることはあるのでしょうか?

回答

 ブログ上に芸能人の動画があるように見せかけてあり、動画を再生しようとクリックすると有料サイトに登録したとして料金請求画面が表示され、不当な請求を受けたという苦情が寄せられています。

 動画のほかにも芸能情報を読もうとしてアクセスしたサイトやブログ、あるいはブログのコメントなどからも不当な請求をするサイトにつながることがあります。

 クリックしたとしても住所、名前、年齢など個人を特定する情報が相手に伝わることはありませんので、落ち着いて画面を閉じましょう。取り消そうとして業者に連絡すると個人情報を相手に知られることになりかねないので絶対にやめましょう。

 なお、契約は成立しているとは限りません。安易に支払いに応じるのはやめ、そのまま放置しましょう。

 ただし、万が一、請求が裁判所からの「特別送達(注1)」によるものだった場合だけは注意が必要で、そのまま放置してはいけません。放置すると、欠席裁判となり、基本的にアダルトサイト業者の請求がそのまま認められてしまいます(注2)。

 不安があれば、お近くの消費生活センター等(消費者ホットライン188)にご相談ください。

 IPA(情報処理推進機構)のホームページに手口や対策が詳しく載っていますので参考にしてください。また、警察庁のホームページにも情報が載っています。

  • (注1)裁判所からの通知の際に使用される特別な郵便です。「特別送達」と記載された裁判所の名前入りの封書で送付され、裁判所で付した「支払督促」や「訴訟の呼出状」の「事件番号」・「事件名」が記載されている点に特徴があります。
  • (注2)消費生活センター等が「そのまま放置」するようアドバイスしていることにつけ込んで、過去に、架空請求業者(出会い系サイト事業者)が実際に裁判を起こした事例があります。本判決では、消費者が反訴して裁判に応じ、裁判所は、事業者の一連の手法を「訴訟詐欺ともいえる」と断じ、その請求を棄却しました(東京地裁平成17年3月22日判決『判例時報』1916号46ページ)。なお、国民生活センターで把握している限り、これ以降、実際に提訴まで行った出会い系サイト事業者の架空請求の事案は見られません。

参考

※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。 PDF形式の閲覧方法について