[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 相談事例・判例 > メールでよくある情報提供と回答 > アダルトサイトの年齢確認に応じたら請求画面が表示され消えなくなった

[2018年1月29日:公表]

アダルトサイトの年齢確認に応じたら請求画面が表示され消えなくなった

質問

 パソコンのアダルトサイトの年齢確認画面で「18歳以上」をクリックしたところ、突然「登録完了。○万円振り込むように」という請求画面が表示されました。慌てて画面を閉じましたが数分おきに同じ画面が現れます。どうすればいいのでしょうか。



回答

 パソコンでアダルトサイトの動画を見ようとして年齢確認のボタンをクリックしたところ、料金請求画面が表示され、何度消しても同じ画面が現れる、といった情報が寄せられています。これは、ボタンをクリックした際に、請求画面を自動表示する不正なプログラム(コンピューターウイルス等)を取り込んでしまったためと考えられます。

 請求画面に自分のパソコンのIPアドレスや契約しているプロバイダー名が表示され、個人情報が登録されたように見える場合もありますが、それで個人を特定されることはありません。請求画面が消えないからといって、電話やメールで業者と連絡を取ることはやめましょう。それまで知られていなかった個人情報を業者に伝えてしまわないよう、無視してそのまま放置しましょう。

 万が一、請求が裁判所からの「特別送達(注1)」によるものだった場合だけは注意が必要で、そのまま放置してはいけません。放置すると、欠席裁判となり、基本的にアダルトサイト業者の請求がそのまま認められてしまいます(注2)。

 不安があれば、お近くの消費生活センター等(消費者ホットライン188)にご相談ください。

 また、「ゲーム攻略サイト」、「芸能人の情報サイト」、「占いサイト」等からアダルトサイトへ誘導されるケースもありますので、十分注意してください。

 請求画面が消えない場合の対処方法が情報処理推進機構(IPA)のホームページで紹介されています。

  1. (注1)裁判所からの通知の際に使用される特別な郵便です。「特別送達」と記載された裁判所の名前入りの封書で送付され、裁判所で付した「支払督促」や「訴訟の呼出状」の「事件番号」・「事件名」が記載されている点に特徴があります。
  2. (注2)消費生活センター等が「そのまま放置」するようアドバイスしていることにつけ込んで、過去に、架空請求業者(出会い系サイト事業者)が実際に裁判を起こした事例があります。本判決では、消費者が反訴して裁判に応じ、裁判所は、事業者の一連の手法を「訴訟詐欺ともいえる」と断じ、その請求を棄却しました(東京地裁平成17年3月22日判決『判例時報』1916号46ページ)。なお、国民生活センターで把握している限り、これ以降、実際に提訴まで行った出会い系サイト事業者の架空請求の事案は見られません。


参考



メールでよくある情報提供と回答トップページへ

ページトップへ