[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 相談事例・判例 > メールでよくある情報提供と回答 > 通販サイトを利用し銀行振込で支払ったが、商品が届かず業者の住所も存在しなかった

[2017年5月30日:公表]

通販サイトを利用し銀行振込で支払ったが、商品が届かず業者の住所も存在しなかった

質問

 通販サイトで商品を購入し代金を銀行振込で支払いましたが商品が届きません。確認したところ、存在しない住所が業者の所在地としてサイトに記載されていました。連絡先の電話もつながりません。商品を送ってもらえないなら返金してほしいのですが、どうしたらよいでしょうか?



回答

 業者に繰り返し電話をしてもつながらず、住所も特定できない場合、悪質な通販会社による詐欺的なトラブルにあった可能性が高いです。この場合、業者から返金されることは極めて困難です。最寄りの警察署や消費生活センターに相談し、振込先の金融機関に対して業者の銀行口座の凍結を依頼しましょう。



解説

 通販サイトでは、実店舗とは違い、購入したその場で商品を受け取ることができないため、購入後に商品が届かないトラブルは詐欺的ではない業者との取引においても起こる場合があります。まずは業者に連絡を取った上で、配送の遅れや行き違いによるものか、詐欺的なトラブルなのかを見極めましょう。一般的な通販サイトでは「特定商取引法に基づく表示項目」の記載を見ると、業者の所在地や連絡先、販売責任者名などを確認することができます。

 一方、「商品が届かず返金もされない」「注文したものとは違う模倣品と思われる商品が届いた」など詐欺的なトラブルについての相談が、全国の消費生活センター等に寄せられており、多数の悪質な通販サイトの存在が明らかになっています。これらは一見するとよくある国内の通販サイトですが、実際にはそのうちの多くが海外の通販サイトで、数ある通販サイトの中に巧妙にまぎれ込んでいます。悪質な通販サイトを見分けるポイントは以下の4点です。

悪質な通販サイトを見分ける4つのポイント
  1. 1.正確な運営情報(運営者氏名・住所・電話番号)が記載されていない
  2. 2.正規販売店の販売価格よりも極端に値引きされている
  3. 3.日本語の表現が不自然である
  4. 4.支払い方法が銀行振込のみとなっており、クレジットカードが利用できない

 また、消費者庁では「悪質な海外ウェブサイト一覧」を公開しています。トラブルを未然に防止するためにもご覧ください。

 もしも悪質な通販サイトにより「商品が届かない」被害にあってしまった場合は、代金の支払い方法によって対応が異なります。銀行振込の場合はお金を取り戻すことは極めて困難ですが、最寄りの警察署や消費生活センターに相談し振込先の金融機関に対して業者の銀行口座の凍結を依頼しましょう。クレジットカードによる支払いの場合は、クレジットカード会社に相談することにより返金される可能性があるため、できるだけ早くクレジットカード会社に問い合わせをしましょう。

 業者との電話やメールのやり取りの記録、振込記録、クレジットカードの利用明細などの資料が、トラブルを相談する際に必要になる場合がありますので、保管しておきましょう。

 お困りの際にはお近くの消費生活センター(消費者ホットライン188)にご相談ください。



参考



※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。 PDF形式の閲覧方法について


メールでよくある情報提供と回答トップページへ

ページトップへ